1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンは給与振り込み先・清水銀行を選択…それって正しかったの? 

住宅ローンは給与振り込み先・清水銀行を選択…それって正しかったの? 

住宅ローンは、ほとんどの人が初めての経験なので、借入先はどうしても知っている銀行や紹介された銀行を選んでしまいがちです。

でも、その選択は本当に正しいのでしょうか?お得なのでしょうか?

このサイトでは、清水銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談を紹介しながら、最安値で住宅ローン金利を契約する方法を解説しています。

その方法とは、ずばり他行と比較するということですが、そこに一工夫加えることになります。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

清水銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず最初に清水銀行の住宅ローン金利を確認しておきましょう。

清水銀行の住宅ローンには、「ずっと引下げプラン」「最初しっかりプラン」が用意されています。

 

清水銀行の金利を他の銀行と比較

清水銀行の住宅ローン金利を他行と比べてみると、例えば、横浜銀行は、変動金利の固定型で0.6%。清水銀行は0.750%。

固定金利10年型は、横浜銀行は0.825%、清水銀行は1.175%ですから、条件にもよりますが、清水銀行は他の地方銀行に比べると住宅ローン金利はやや高めのようです。

さらに、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、その差はさらに広がります。

金利の差はそのまま返済額の差になります。

では、金利の安い銀行に乗り換えたほうがいいのでは?ということになりますが、そこに立ちふさがるのが、手数料です。

住宅ローンを乗り換える場合、手数料がかかり、その額は約50万円。銀行によってはそれ以上かかる場合があります。

ですから、金利が低いからといって一概に乗り換えることがお得になるとは限らないのです。

清水銀行で住宅ローン金利を有利にする交渉術とは

では、手数料を払ってもお得に乗り換えをする方法はあるのでしょうか?

その方法は、他の銀行の情報を提示して、現在の銀行・清水吟行に乗り換えの相談する事です。そうすることで、交渉先の銀行にいまより低い金利を引き出させることができるのです。

ただ、仕事をしていたら、日中、いくつかの銀行を回って情報を集めるのは時間が難しいですよね。

そこでおすすめなのが、住宅ローン一括審査ができるツール「住宅本舗」です。

>先に住宅ローン一括審査をしてみる

簡単にできる!住宅ローン金利の裏ワザ

住宅本舗」は、自宅にいながら、ネット上で基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行うことができます。

そして、そこで得た他行の金利や情報が交渉に役立ちます。

また、このサイトでは、見積もりだけではなく審査が実際に通るかどうかについてもわかります。

交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。さらに、仮でもいいので審査が通っていると、さらに交渉を有利に進めることができます。

住宅ローン審査の結果を6社分出せば、乗り換えに対する本気度も銀行に伝わり、交渉相手の銀行も金利を引き下げせざるをえなくなるでしょう。

>>住宅ローン一括審査はこちら

清水銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談

実際に、清水銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容は次のとおりです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:清水銀行
  • 借入を始めた時期:2015年7月
  • 金利は?:0.85%
  • 借入額は?:79851円
  • 毎月の返済額について:2900万

給料の振込先・清水銀行で住宅ローンを契約

以前から戸建て住宅を探していて新築で気に入った物件があったため、無知のまま急ぎで主人の給料の振込み先の銀行へ相談し、そのままその銀行に決めました。

頭金なしのフルローンです。

頭金なし・変動金利を選択

まず、金利も固定金利にすべきか変動金利にするべきかかなり悩みましたが、担当してくれている銀行員の方も変動金利で住宅ローンを組んでいて今まで上がったことはないとのことで、しばらくは金利は上がらないだろうとの見解で変動金利で組みました。

団体信用も0金利のものやプラスで付けれるものも沢山あり、主人が癌家系のため癌の特約付きのプラス0.1のものを選びました。

金利に関して不安ばかり

ただ、今考えることは固定金利ではないがために、いつ上がるのかと毎日不安ばかりです。

インターネットで調べても結果は払い終わらないとわからないと書いてあることが多く、
変動金利についてはよくない事を書いてある記事も多いので余計に不安になります。

やっと住宅を購入し幸せな毎日が送れると思っていた矢先、金利は上がると騒がれ始めていて不安な毎日。

自分達が選択したことなのにどうにも不安がつきない現状です。

住宅ローンを組むには少しの知識と頭金が必要

借り換えは今の時点では考えていませんが、今後の金利の上昇次第では考えようと思っています。

全くの無知で購入した自分達ですが、私達のような人が他にもいると思います。

住宅ローンへの不安は、返済額がかなり減ってからではないと消える事はないと考えますが、もう少し安心して暮らせるようになりたいと思います。

住宅ローンを組むにあたって少しの知識と頭金はやはり必要だったと考えます。

一括審査サイトの活用もオススメ

上で紹介した方は変動金利を選んだことで、住宅ローンへの不安が常にあるようですね。

実際に変動金利がどの程度変動しているかを調べることで、その不安は少しは消えるかもしれません。

また、さきほども紹介した住宅本舗」を利用して、一括審査をしてみると、自分が借りている住宅ローンの状況を客観的に確認することができます。

実際に銀行にいくわけではないので、借り換え計画がなくても利用は自由。

気軽に試してみてはいかがでしょう。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。