1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫横浜銀行で住宅ローン契約中・ネットの相談窓口が欲しかった

横浜銀行で住宅ローン契約中・ネットの相談窓口が欲しかった

住宅ローンは、多くの人にとっては初めての経験、さらにその後の生活に影響する大きな決断なのに、契約するまでの期間が短く、不安をもったまま契約シてしまう方も多いかもしれません。

特に、金利は返済額にそのまま響いてきますから、最初の金利のままでは、大きな損をしてしまう可能性もあります。

今回は、横浜銀行で住宅ローンを組んでいる方の体験談を紹介しながら、住宅ローン金利をお得にするポイントを紹介しましょう。

横浜銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

横浜銀行には、融資手数料型、標準型の金利が用意されています。

また、給与振り込みの取引がある顧客対象の金利プランなどもあります。

他行との住宅ローン金利比較

横浜銀行の金利を他行と比較してみましょう。

例えば、三井住友信託銀行では、10年固定金利で0.7~1.0%。横浜銀行は、標準型で0.825%ですから、大きな差はありません。

ただ、ネット銀行と比較してみると、住信SBIネット銀行の変動金利が0.41%。横浜銀行の変動金利が0.440%ですから、条件にもよりますがネット銀行・住信SBIネット銀行の方が横浜銀行に比べ、金利はやや低いです。

金利が0.1%違うと、2000万円借り入れをした場合、支払額が約25万円違うと言います。0.4%なら100万円ですから、1%に満たない差でも、返済額には大きな違いが出るのです。

ただ、住宅ローンの借り換えは、金利だけで決めることはできません。

なぜなら、借り換えには手数料がかかるからです。

その額はザックリ計算して50万円ですし、銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

そこで、手数料を払っても損にならない、借り換え法、住宅ローン金利の裏技について紹介します。

お得な住宅ローン金利を獲得するために

実は、交渉次第で金利はさらに低くなります。

その方法王は、皆さんが普段の買い物でもやっている方法と同じで、特別な方法ではありません。

例えば、車を購入する時、いろんなディーラーで見積もりをとって、それをもとに価格交渉をした経験ありませんか?これを同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

要は安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

そして、交渉するのであれば、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

そうはいっても、仕事をしていたら、日中、いくつもの銀行へ行くのは不可能でしょう。

そこで、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

>>住宅ローン一括審査はこちら

横浜銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

実際に横浜銀行で住宅ローンを組んでいる方の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの詳細は次のようになっています。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:横浜銀行
  • 借入を始めた時期:2009年
  • 金利は?:1.880% 変動
  • 借入額は?:1980万円
  • 毎月の返済額について:5万1000円

不動産業者主導で住宅ローン契約

フラット35が適用できるマンション物件を購入し、月々の返済金額が低めなのと、フラット35の低金利が魅力で購入に踏み切りました。

不動産業者に主導してもらったので、住宅ローンの返済先を自由に選ぶことはできなかったのですが、もっと選択肢を選ぶことができる物件だったら返済額はどうなっていたのかな?と思います。

借り換えを検討したいが情報が少ない

借り換えで多少なりとも得ができるのであれば、検討をしてみたいと思うのですが、なにせ、情報が少なすぎて検討のしようがない状態で、「そんなに苦しくないのでまぁ、いいか」という感じで月々の返済をしています。

繰上げ返済などについても、銀行さんのほうから提示されるわけでもないですし・・・結局、なんとか金利を抑えるためには自分で調べるか、フィナンシャルプランナーさんに相談するしかないのですが、実際そんなに困っていない状況では、能動的に調べることもしないというのが現状です。

ローンを組む時に、最初から情報がまとめてあると大変ありがたいと思います。

住宅ローンは情報開示の点で不親切

また、最近転職活動をしているので賞与がなくなってしまい年に2度の賞与時期には戦々恐々としています。

賞与分の支払いを変更して借り換えができれば、今は変更しても良いかなと思い、検討中です。

大きな買い物だけに、長く付き合うことになる住宅ローンというものにしては、情報開示の部分で不親切な仕組みだなと感じることもよくあります。

近くの銀行の窓口が開かれているからといって、サラリーマンだと相談なども行きづらく、ネット相談窓口などあるともっとよいのではないかと思います。

 

より有利に金利交渉をするために

確かに、今の仕組みのまま情報を収集するためには受け身ではダメで、自分で動く必要があります。

ただ、少しずつ変わってきているのも確かです。

例えば、さきほど紹介した住宅本舗」を使えば、ネット上で色々な銀行の住宅ローン金利を比較することができます。

その情報は、横浜銀行での借り換えにも、また、他の銀行に乗り換える場合も金利交渉に有利になりますから、気軽に試してみてはいかがでしょう?

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。