1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫岩手銀行で住宅ローン金利が下がる!おススメの交渉術を紹介

岩手銀行で住宅ローン金利が下がる!おススメの交渉術を紹介

岩手銀行で住宅ローンを借り入れている方や、新規で住宅ローンの借り入れをご検討に方におススメしたい金利交渉術をご紹介していきます。

住宅ローンをどこの銀行から借り入れをするか決定する際に、金利を基準にされている方も多いかと思います。そんな金利は、実は毎月変動があるのはご存じですか?

その金利をお得にできる交渉術があるんです!ポイントは【他の銀行と比較すること】なのですが、記事後半で詳しくご紹介していきますのでお見逃しなく!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

岩手銀行の住宅ローン金利(2020年10月現在)

住宅ローンを岩手銀行で組む場合、まずは変動金利か固定金利を選びます。その金利の種類によって設定されている最下限金利での契約になります。

2020年10月現在の最下限金利は以下のようになります。

  • 変動金利 ・・・ 0.85%
  • 固定金利3年 ・・・ 0.8%
  • 固定金利5年 ・・・ 0.85%
  • 固定金利10年 ・・・ 1.1%

更に、保険である団信に加入することも可能です。

※申し込み条件によって上記の限りではありません。

他行との住宅ローン金利比較

岩手銀行の金利が良心的な数値に感じますね。しかし、最新の調査で様々な形態の金融機関での住宅ローン金利が軒並み低い設定になっている事がわかっています。実際にネット系の銀行の住宅ローン金利は、岩手銀行に比べて、かなり低いです。

金利が変わると言う事は、住宅ローンの最終的な支払金額が変わってくることを意味します。2000万円の住宅ローンを組んでいると仮定すると、金利が0.1%変わると、おおよそ25万円も変わってくるのです。もし金利差が0.4%あったら、4倍の100万円も差が出るのです。

では、損しない為に少しでも金利の低い銀行に即座に乗り換える方がお得だと思いますよね?しかし、ここで忘れてはいけないのが、住宅ローンに関する手数料です。

保証料や契約手数料を岩手銀行では46万円と提示しています。解約手続きや、新規の銀行に支払う手数料を考えると、50万円を超えてしまいます。このため、一概に別の銀行に乗り換える事がお得とも言い切れないのです。

岩手銀行での住宅ローン金利交渉術とは?

ここでポイントになってくるのが、最初にお伝えした【他の銀行と比較する】ことです。この比較とは、岩手銀行より金利の低い銀行と比較した内容を持って、銀行側との交渉の切り札にするという事です。

この比較をする上で重要なのは、いかに簡単に金利の低い銀行の情報を集められるかにかかっています。わざわざ住宅ローンの乗り換えの相談に銀行へ直接行っていたのでは、時間も体力も続きません。

便利な住宅ローン一括審査ができるツールを活用することで、時間も労力も節約でき、情報も一気に集める事が出来ます!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

最下限金利を比較できる一括審査サイトがオススメの理由

自宅に居ながら、金利の低い銀行で住宅ローン審査が受けられる便利なサイトがあるんです。しかも、この住宅本舗の住宅ローン一括審査のサイトを使えば、最大6社もの銀行の審査を一括で受ける事が可能なのです。

住宅本舗」は、日本で唯一 住宅ローンの一括審査を実施し、特許を取得しています。住宅本舗で得た住宅ローン審査の結果を持って、住宅ローンの乗り換えを現在の銀行に交渉に行くことで、こちらの乗り換えの本気度が伝わり、最下限金利が引き出せる可能性が高くなるのです。

まずは住宅本舗での住宅ローン一括審査をお試しください!

>>住宅ローン一括審査をしてみる
乗り換えだけでなく、新規で住宅ローン組む際にも、まずは住宅本舗で住宅ローン審査を行ってみる事をおススメします。銀行で詳しい話を聞く際に、住宅ローン一括審査の結果があれば、金利の交渉もしやすいです。

最後まで目を通して頂きありがとうございます。この記事を参考にしていただき、みなさんの金利引き下げが叶う事を祈っております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。