1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫山形銀行で住宅ローンの金利交渉を有利に進める裏ワザ!

山形銀行で住宅ローンの金利交渉を有利に進める裏ワザ!

山形銀行で住宅ローンを組んでいる方で、金利の見直しをしたいと思っている方や、これから住宅購入に向けて住宅ローンを検討している方に是非おススメしたい『交渉術』ご紹介していきたいと思います。

住宅ローンを検討する上で、一番のポイントは金利であると言えます。金利が変わると、住宅ローンの総支払額が変わるからです。しかし、金利は決まっているもので、交渉などできないと思われていませんか実は、交渉し金利を低くすることが、可能になるかもしれませんよ!

その交渉術とは、【他行と比較する事】なので、詳しくご説明していきましょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

山形銀行の住宅ローン金利(2020年9月現在)

山形銀行 住宅ローン

山形銀行の住宅ローンは、金利と『団信』と呼ばれる保険を選択でき、組み合わせていくプランが主流です。

山形銀行の住宅ローン金利はコチラで最新版が公開されています。
山形銀行公式ホームページ

山形銀行 住宅ローン金利

山形銀行では、住宅ローン金利は店頭金利と呼ばれる基準となる数値しか公表されておりません。ここから、住宅ローンを組む金額や状況によって金利の優遇状況が変化します。しかし、明確な金利優遇条件の提示がない為、山形銀行の最下限金利は不明です。

他行との住宅ローン金利比較

山形銀行の基準となる金利は一般的な基準金利です。ここから優遇されるための条件等をクリアできれば金利の引き下げがしてもらえる訳です。しかし、条件にもよりますがネット系の銀行の金利は、山形銀行の優遇金利より、低い可能性がかなり高いです。

一般的な銀行n住宅ローン金利が0.9%~0.7%程度なのに対し、ネット系の銀行では0.6%を下回る所もあります。この0.1%の差で25万円程度の総支払額の差が出る計算になるんです。

では、金利の安い他の銀行に乗り換えた方が良いと言う事になりますが、そこで気を付けなければいけないのが、乗り換えに発生する手数料です。

  • 契約の銀行への保証料
  • 契約銀行への抵当権設定費用
  • 旧契約銀行への抵当権解除費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代  など

こうした手数料は、現在 借り入れがある銀行と新規に契約する銀行で、50万円を超える場合もあり、乗り換えをする際には無視できない大きなポイントなのです。

住宅ローンの借り換え交渉術とは?

では、一体どうしたら手数料を掛けずに、金利が安くなるのでしょうか?その方法が、交渉術の【他の銀行と比較する】ことなのですが、金利の低い銀行の情報をもっていき銀行の条件を競わせるという事です。

競わせるには、金利の低い銀行へ乗り換える時に必要な住宅ローン審査が通っていると、かなりの交渉材料になります。住宅ローン審査が通るかを新規の銀行へ行き、担当者と話をするなど、考えても時間と労力がかかりそうですよね?

しかし、自宅に居ながら住宅ローン審査ができる便利なサイトがあるのです!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

最下限の金利を比較できる一括審査サイトがオススメ!

住宅ローンの一括審査の特許を持つ、日本で唯一のサイトが「住宅本舗」です。

銀行の住宅ローン審査を、基本情報を打ち込むだけで最大6社を一括で審査する事ができます。住宅本舗で住宅ローン審査を行い情報を得る事は、乗り換えだけでなく、新規で住宅ローンを検討している方にもおススメです!

>>住宅ローン一括審査をしてみる

住宅本舗なら、簡単に住宅ローンの金利情報を集める事が出来ます。この情報を持って銀行に交渉に行くことで、金利の最下限を引き出すことに繋がる事を祈っております。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。