1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫北都銀行の住宅ローンでさらに金利を下げる交渉術

北都銀行の住宅ローンでさらに金利を下げる交渉術

住宅購入の夢が膨らむ、そんな時に頭を悩ませる問題の1つが住宅ローンですね。今回は、北都銀行で住宅ローンの借り入れを検討されている方、更に既に 住宅ローンを借りている方におススメの記事です。

住宅ローンは、どの銀行を選ぶかによって、最終的な支払金額が大きく異なります。その原因は、金利です。金利が低い銀行から借り入れをすれば、支払う総額が安くなり、逆に金利が高い銀行だと多く支払う事になります。

金利の違いは、なぜ起こるのでしょうか?それは、銀行ごとに独自で利率を決められるからです。

私たち消費者が、金利をお得にできるよう交渉する事が出来るとしたら、知りたいですよね!ポイントは【他の銀行と比較すること】なのですが…具体的な交渉術をここから解説していきますよ!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

北都銀行の住宅ローン金利(2020年10月現在)

2020年10月現在、北都銀行での最下限金利が以下の通りです。

  • 変動金利 ・・・ 1.200%
  • 固定金利3年 ・・・ 1.100%
  • 固定金利5年 ・・・ 1.350%
  • 固定金利7年 ・・・ 1.450%
  • 固定金利10年 ・・・ 1.700%

金融機関での金利の見直しは、毎月2回行われると言われています。しかし、北都銀行での金利変動は、少なくとも2016年から変動がありません。これは、交渉の余地がありそうですね!

他行との住宅ローン金利比較

北都銀行の住宅ローン金利は、国がマイナス金利を打ち出す中、2016年から変動がありませんでした。これは家電量販店の『店頭表示価格』の様な物。交渉次第で金利を低くできる可能性があります。実際に、ネット系の銀行の住宅ローン金利は、北都銀行に比べて、かなり低いです。

金利の差が、住宅ローンの総支払額に大きく影響する事は冒頭でもお話しました。具体的には、2000万円の借り入れで金利が0.1%変わると、おおよそ25万円も変わってきます。北都銀行の変動金利1.2%が0.8%になるだけで、支払総額100万円も変わるんです。これは知らないと損する話ですね!

では、金利が低い銀行に早く乗り換えなきゃ!と思いますが、ここで気を付けなければならないのが手数料です。

住宅ローンを申し込む際に、様々な手数料が掛かります。

  • 契約の銀行への保証料
  • 契約銀行への抵当権設定費用

乗り換えるという事は、こうした手数料を乗り換える銀行に支払うことになります。更に、現在借り入れている銀行には、以下のような契約解除の手数料の支払いも発生しますます。

  • 旧契約銀行への抵当権解除費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代  など

こうした手数料がザっと50万円、銀行によってはもっとかかってしまいます。それでは折角の苦労が水の泡です。

住宅ローン金利の引き下げを一番お得にする重要なポイントは、乗り換えず・借り換える事だったんです!

北都銀行での住宅ローン金利交渉術とは?

金利をお得に交渉できるポイントは【他の銀行と比較する】ことだと、最初にお話ししましたが、自分で各銀行を回り金利を比較するのではありません。銀行側に金利で競争してもらうのです。

銀行側に金利で競争してもらうと言うのは、『他店対抗』と一緒です。他の店が安かった場合に、ウチの値段も下げます…のような交渉を金利でも行えるのです。金利は各銀行が独自に決めており、交渉次第で低くしてもらえるのです。

その交渉に必要な情報を集めるのに、他の銀行の金利が必要なのですが、これを集めるのが大変で、諦めてしまう人もいる程。

しかし、住宅ローンを一括で審査ができるツールを活用する事で、必要な情報が家に居ながら簡単の手に入るんです!!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

最下限金利を比較できる一括審査サイトがオススメの理由

住宅本舗」は、日本で唯一 住宅ローンの一括審査を実施しています。その内容は特許も取得しているほど信頼性が高く、最大6社もの銀行で一括審査を受ける事が可能なのです。

この住宅本舗の住宅ローン一括審査サイトに基本情報を入力し、金利の低い銀行で、実際に住宅ローン審査が通るのかをシュミレートできます。この情報をもって銀行に金利交渉に行けば、こちらの本気度も伝わり金利交渉に尽力してくれる可能性が高まります!

まずは一度、住宅本舗で一括審査をお試しください!

>>住宅ローン一括審査をしてみる

主に住宅ローンの乗り換えに関してお話して参りましたが、新規に住宅ローンを検討されている方にも、有益なお話でした。

是非、皆様に参考にしていただきたいと思います。

この記事に辿り着き、住宅ローン金利について学んでいただた方の最下限金利が優遇され、皆様が少しでも有意義な住宅ローン生活を送れますよう、祈っていおります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。