1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫秋田銀行で住宅ローン金利が下げる!裏ワザ交渉術を紹介

秋田銀行で住宅ローン金利が下げる!裏ワザ交渉術を紹介

秋田銀行で住宅ローンを借り入れている方や、新規で住宅ローンの借り入れをお考えの方におススメの、住宅ローン金利に関する情報をお届けします。

住宅ローンの大きな命運を分ける金利・・・この住宅ローン金利が銀行によって違うのは、各銀行が独自に金利の設定をしているからだという事はご存じですか?基準となる金利は国の情勢などによって決まるのですが、実際に貸し出す際にどれだけの金利を上乗せするかを決めるのは、各銀行なんです。

高い金利で住宅ローンを多く支払うより、との金利を低くできるように銀行と交渉できるとしたら・・・?この記事では、その交渉のポイントとなる【他の銀行と比較すること】について、詳しく解説して参りますので、是非最後までご覧ください!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

秋田銀行の住宅ローン金利(2020年10月現在)

秋田銀行の住宅ローンの種類はいくつかありますが、金利に関して大きく差はないようです。最下限金利が以下の表になります。

  • 変動金利 ・・・ 2.725%
  • 固定金利3年 ・・・ 0.850%
  • 固定金利5年 ・・・ 1.200%
  • 固定金利10年 ・・・ 1.550%
  • 全期間固定 ・・・ 3.660%

変動金利に関しての引き下げがない状況のように見えます。しかし、店頭金利から優遇される可能性もありますので、詳しくは担当者様と相談のうえ確認をしてください。

※借り入れ条件や毎月の金利変動によって、最下限金利は上記の通りでない場合があります。

他行との住宅ローン金利比較

秋田銀行の住宅ローン金利は、変動金利に比べ3年固定などは低く感じますね。しかし、この秋田銀行の住宅ローン金利は、まだまだ低くできる可能性は十分あります。2020年現在、様々な金融機関での住宅ローンが実施されていて、ネット系の銀行の住宅ローン金利は、秋田銀行に比べて、かなり低いんです。

住宅ローン金利の差によって、住宅ローンの総支払額が大きく変わってきます。例えば、2000万円借り入れがある場合、金利が0.1%変わると、おおよそ25万円も変わってくるのです。0.4%の差で100万円も総額に違いが出るとなれば、無視できる金額ではありませんよね。

では、一刻も早く金利の安い銀行に乗り換えなければ!と思いますよね。しかし、住宅ローンの乗り換えにも手数料という大きな落とし穴があるので注意が必要です。

  • 契約の銀行への保証料
  • 契約銀行への抵当権設定費用
  • 旧契約銀行への抵当権解除費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代  など

こうした手数料を、現在借り入れている銀行と乗り換える銀行に支払わなければなりません。その金額がザっと50万円、または銀行によってそれ以上かかります。これは無駄な出費です。

では、どうすればお得になるのでしょうか?それは、借り入れている銀行に金利交渉をする事なんです!

秋田銀行での住宅ローン金利交渉術とは?

現在 借り入れている住宅ローンの金利を引き下げて貰う、または新規住宅ローンの金利を交渉して引き下げて貰う。これが一番 無駄がなく、お得な方法だったんです!

その為に、交渉材料として大切なのが【他の銀行と比較する】ことなのですが、これは金利の低い銀行の情報をもって銀行に金利で競ってもらう事を意味します。

この場合の交渉材料とは、金利の低い銀行の情報をもって、秋田銀行へ行くことが必要なのですが、情報を集めるのに わざわざ銀行を回るのは骨が折れます。

ここでおススメなのが、住宅ローン金利の低い銀行を一括で調べる事が出来る住宅ローン一括審査であれば、家に居ながら情報を集める事が可能です!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

オススメは最下限金利を比較できる一括審査サイト

様々な銀行の最下限金利を知ることも大切ですが、ここでおススメのサイトは、住宅ローンが実際に借りられるのかを審査してくれる『住宅本舗』です。

住宅本舗」は、日本で唯一 住宅ローンの一括審査を実施し、特許を取得しています。最大6社も一括で審査を受ける事が可能なので、より充実した内容をもって、銀行との交渉に臨むことができると言えるでしょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる
住宅ローンの乗り換えだけでなく、新規の借り入れにも、この交渉術は応用する事が可能です。是非参考にしてください。

この記事を読んで頂いた皆さんの、金利交渉が叶う事を祈っております。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。