1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫千葉銀行の住宅ローン・派遣社員でも借り入れできた!

千葉銀行の住宅ローン・派遣社員でも借り入れできた!

住宅ローンは、ほとんどの方にとって初めての経験ですから、どこで借りるか、どんなプランにするか、固定金利か変動金利か、ボーナス返済も組み込むか、など決めることが多くて本当に大変だと思います。

特に金利に関しては、金利の差がそのまま返済額の差になり、返済期間の長い住宅ローンでは大きな額になります。

この記事では、現在 千葉銀行で住宅ローンを組んでいる方の体験談も紹介しながら、住宅ローン金利をお得にできる交渉術をご紹介してきます。

その交渉術とは【他の銀行と比較する】という事なのですが…そんな単純な方法で金利を低くしてもらえるの?と思うかもしれませんが、その方法を詳しく説明するのでご参照く

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

千葉銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まずは、千葉銀行の住宅ローン金利を紹介しましょう。

【プラン1 選べる住宅ローン金利割引プラン】

・全期間割引プラン

・当初期間割引プラン

【プラン2 全期間固定金利の安心プラン】

【プラン3 「ちばぎん無担保住宅ローン」金利割引プラン】

ちばぎんには、上記のとおり、大きくわけて3つのプランが用意されています。

その他、フラット35の扱いもあります。

千葉銀行の金利は高いの?他行との比較

千葉銀行の住宅ローン金利を他の銀行と比べてみましょう。

例えば、同じ地方銀行の横浜銀行の場合、変動金利の固定型で0.6%。千葉銀行は0.725%。

固定金利10年型は、横浜銀行は0.825%、千葉銀行は1.10%ですから、条件にもよりますが、千葉銀行は他の地方銀行に比べると住宅ローン金利はやや高めのようです。

さらに、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、その差はさらに広がります。

金利の差は、当然ですが、返済金額に差になります。

例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら金利が低い銀行に乗り換えたらいいのでは?と思いますが、話はそう単純ではありません。

なぜなら、住宅ローン乗り換えの際には、下記の様な諸費用がかかるからです。

  • 新規契約の銀行への保証料
  • 新規契約銀行への抵当権設定費用
  • 旧契約銀行への抵当権解除費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代  など

こうした手数料の合計がほぼ50万円程度、銀行によってはそれ以上かかる場合があります。

ですから、一概に乗り換えることがお得になるとは限らないのです。

では、手数料を払ってもお得になる借り換えの方法はあるのでしょうか?

千葉銀行での住宅ローン金利交渉術とは?

手数料を払ってもお得に借り換えをするには、金利をさらに下げる必要があります。

実は、銀行の住宅ローン金利は、交渉で下げることができます。

そして、この金利交渉を有利にするための交渉術が【他の銀行と比較】する事です。

他の銀行と比較した結果を提示して、乗り換えの相談する事で、現在の銀行に今より低い金利を引す可能性が出てきます。

さらに手数料も回避でき、低い金利にすることができるのです。

ただ、仕事をしていたら、他の銀行をいちいち回って、住宅ローンの見積もりを出してもらうのは難しいですよね。

そこで便利なのが、住宅本舗」です。

>先に住宅ローン一括審査をしてみる

一括審査サイトがオススメの理由

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

金利の交渉には、より多くの比較対象があった方が、銀行側の最下限金利を引き出しやすくなりますから、一気に6社の審査ができるのは、とても便利です。

更に、他行で住宅ローン審査が通ることを、交渉相手の銀行に提示できることで、より現実的な金利交渉を可能にできるのです。

>>住宅ローン一括審査はこちら

千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

実際に千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容はつぎの通りです

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:千葉銀行
  • 借入を始めた時期:2015年5月
  • 金利は?:約0.9% 変動金利
  • 借入額は?:900万
  • 毎月の返済額について:35,200円

ローンについて勉強する機会になった

住宅ローンに限らず、ローンや借金などお金を借りることに関しての知識が今以上になかったので、お勉強するいい機会になったと思います。

賃貸で毎月定額の家賃を払い続けてきましたが、終わりの見えない支払いと、いくら払い続けても自分のものにならない、払い続けているのに、なにも好きなように変えたりすることができない、など不満がありました。

私が購入したのは中古マンションです。住宅ローンを借り換えしたことについては、実際に行動にうつしてみると、銀行の方が丁寧に説明してくださり、ローンの仕組みなども事細かくお尋ねしましたが、かなり理解が深まりました。

頭金が少ない・派遣社員など条件は厳しく…

住宅ローンを組む際には、私の現在の条件で貸してくれるところを探しました。

金額については大きな金額を借り入れすることができない、年齢的にも35年ローンにすることもできない頭金もさほど用意できない、仕事は正社員ではなく派遣社員である、など条件としてはあきらかに厳しいものでした。

金利については友人たちの意見を参考に

金利については、正直細かいことは理解できていません。

ただ、すでに住宅ローンを組んでいる友人たちに意見を求めたところ、その金利ならいいタイミング、と太鼓判を押してくれて、それが後押しになりました。

銀行の方や不動産のかたにも言われましたが、その方たちだけだとおそらく納得しづらい内容だった気がします。

ローン貯金で一部一括返済を準備

まだまだ借入したばかりのため、ほぼ満額残っています。ローン期間は23年、今はなるべく金利をたくさん払わないでもいいように、ローン貯金も少しずつして、一部一括返済できるように準備しています。

一括審査サイトの活用もおすすめ

今回紹介した方は、現在の金利もそれほど高くなく、ローン貯金もして繰り上げ返済の計画もしていらっしゃいます。

しっかり計画を立てているので、この先の人生設計も安心でしょう。

ただ、住宅ローンは返済期間が長いので、金利の動きをみながら借り換えを検討してみてもいいかもしれません。

そんな時便利なのが、さきほども紹介した住宅本舗です。

すぐに借り換えをしない場合でも、他の銀行での住宅ローン返済額などを確認・比較することができ、実際に借り換えの際にも役立ちますから、一括審査サイトを一度試してみてはいいかがでしょう?

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。