1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫青森銀行の住宅ローンとは?金利を下げる裏ワザ交渉術の紹介

青森銀行の住宅ローンとは?金利を下げる裏ワザ交渉術の紹介

青森銀行での住宅ローンをご検討、もしくは見直しをお考えですか?そんな方に是非知って頂きたい 金利に関するおススメ情報があるんです!

金利について、良く知っている方はご存じかも知れませんが、住宅ローン金利を低くするために銀行と交渉ができるのですが、その詳しい内容を解説して参ります。

ポイントになるのは【他の銀行と比較すること】なのですが、まずは青森銀行の住宅ローン金利について確認していきましょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

青森銀行の住宅ローン金利(2020年11月現在)

住宅ローン金利には、変動金利と固定金利があります。その中でも固定金利の継続年数などで金利が変わってきます。

2020年11月現在、青森銀行の住宅ローン金利の最下限は以下のようになっております。

  • 変動金利 ・・・ 0.8%
  • 3年固定金利 ・・・ 0.65%
  • 5年固定金利 ・・・ 0.9%
  • 10年固定金利 ・・・ 1.1%

青森銀行の住宅ローン金利は、一般的な銀行の平均的な水準と言えるでしょう。

(お住まいの地域や条件の充足具合によって、上記の限りではありません。)

他行との住宅ローン金利比較

青森銀行の金利水準が一般的であることはわかりましたが、この金利を銀行側と交渉する事で低くすることが出来たら、お得ですよね?現在、住宅ローンを取り扱う金融機関の種類も様々あり、実際にネット系の銀行の住宅ローン金利は、青森銀行に比べて、かなり低いんです。

金利が低いと住宅ローンとして支払う総額が大きく変わってきます。実際に計算してみると、金利が0.1%変わると、おおよそ25万円も変わってくるですよ!この差が積み重なり0.4%違う場合では100万円も支払総額が変わってくるので、金利が少しでも低い方が良いのはわかると思います。

では、金利の低い銀行に乗り換えた方が良い事になりますが、ここで大きな落とし穴として気を付けたいのが手数料が掛かるという事です。

住宅ローンを組む場合に、以下のような様々な手数料が掛かります。

<新規の銀行への手数料>

  • 契約の銀行への保証料
  • 契約銀行への抵当権設定費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代 など

<旧銀行への手数料>

  • 旧契約銀行への抵当権解除費用 など

こうした手数料を払う事で、ザックリ50万円ほど、銀行によってはそれ以上の金額が掛かり、お得でなくなってしまう事も…。

一体、どうする事が一番お得になるのでしょうか?

秋田銀行で住宅ローン金利交渉術とは?

ここで住宅ローン金利を一番お得にするポイントが【他の銀行と比較する】という事になります。この『比較』とは、ご自身で色々な銀行を比較する事ではなく、銀行に他の銀行との金利を比較した結果を提示して、金利を競争してもらう事を指します。

この金利の競争を行なってもらう為に必要な情報を、1から銀行を回って集める事を考えたら、途方もなくなってしまいますよね?銀行に行き、住宅ローンの担当者と話しをしていては、いくら時間があっても足りません。

ここでおススメなのが、住宅ローン金利の低い銀行の情報を家に居ながら一括で調べる事が出来る住宅ローン一括審査です!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

オススメは最下限金利を比較できる一括審査サイト

住宅ローン金利の交渉に必要な情報は、他の銀行の金利が いかに低いかという事に加えて、その銀行で実際に住宅ローン審査が通るのかも知りたいところですよね?

おススメの『住宅本舗』では、その両方の情報が自宅に居ながら手に入ります!『住宅本舗』は、最大6社もの銀行を一括で審査を受ける事が可能です。しかも、特許も取得した独自の方法なので、安心で信頼できます!

この住宅本舗での情報を持って、住宅ローン金利の交渉に出かけましょう!きっと乗り換えの明確な意思が伝わり、交渉がスムーズにいく可能性はグッと上がるはずです。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

今回ご紹介した住宅ローンの最下限金利を引き出す交渉術は、現在 住宅ローンの見直しをご検討の方だけではなく、新規で住宅ローンをお考えの方にもおススメです♪

記事を読んでくださった皆さんにとって、今回のおススメサイトがお役に立つことを願っております。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。