1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫北國銀行での住宅ローン体験談と金利を下げる裏ワザ交渉術

北國銀行での住宅ローン体験談と金利を下げる裏ワザ交渉術

住宅ローンを組む時、どこで借りるか、どんなプランにするか、期間はどうするか、など決めなくてはいけないことがたくさんあります。

でも、一番重要なポイントはやはり金利です。

その金利が銀行によって大きな差がある事はご存じですか?

この記事では、現在 北國銀行で住宅ローンの借り入れをされている方や、新規で住宅ローンを検討されている方に、住宅ローン金利をお得にできる交渉術をご紹介してきます。

その交渉術とは「他の銀行と比較する」という、実は単純なことです。そんな基本的な事で金利を低くしてもらえるの?と思うかもしれませんが、くわしく説明していきますのでぜひご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

北國銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず、北國銀行の住宅ローン金利を確認しておきましょう。

北國銀行の住宅ローンは、保証料、団体信用生命保険料、印紙代(電子契約利用の場合)が0円です。

また、北國銀行の住宅ローンは2種類(一括実行・分割実行)の融資方法があるため、必要なタイミングに合わせて借りることができます。

北國銀行の金利を他行との比較

北國銀行の住宅ローン金利を他の銀行と比較してみましょう。

例えば、東北銀行の場合、変動金利は変動金利は0.850%~0.950%。

北國銀行は、1.325%ですから、北國銀行の金利はやや高めに設定されています。

また、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、条件にもよりますが、ネット銀行と北國銀行の金利差はかなり大きいことがわかります。

金利の差は、当然ですが返済額に大きく影響し、例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

では、金利の安い銀行に乗り換えたほうがいいのでは?ということになりますが、そこに立ちふさがるのが、手数料です。

住宅ローンを乗り換える場合、次のような費用がかかります。

  • 新規契約の銀行への保証料
  • 新規契約銀行への抵当権設定費用
  • 旧契約銀行への抵当権解除費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代  など

こうした手数料がザックリ50万円程度銀行によってはそれ以上かかる場合があります。

ですから、金利が低いからといって一概に乗り換えることがお得になるとは限らないのです。

北國銀行で住宅ローン金利を有利にする交渉術とは

では、手数料を払ってもお得に乗り換えをする方法はあるのでしょうか?

それは、手数料を払ってもお得になる金利を引き出すことです。

そして、その金利を引き出すためには、他の銀行の情報を提示して、交渉をする必要があります。

例えば、車を買う場合、いくつかのディーラーを回って見積もりを取り、価格交渉をしますよね。それと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

他の銀行の情報を提示して、現在の銀行に乗り換えの相談する事で、交渉先の銀行にいまより低い金利を引き出させることができるのです。

ただ、いくつもの銀行を回って情報を集めるのは時間がかかりますよね。

そこでおすすめなのが、住宅ローン一括審査ができるツール「住宅本舗」です。

>先に住宅ローン一括審査をしてみる

簡単にできる!住宅ローン金利の裏ワザ

住宅本舗」は、インターネット上で、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

ですから、銀行を回ることなく、いくつもの銀行の金利や情報を収集することができ、その情報が交渉に役立ちます。

また、このサイトでは、見積もりだけではなく審査が実際に通るかどうかについてもわかります。

住宅ローン審査の結果を6社分出せば、乗り換えに対する本気度も銀行に伝わり、交渉相手の銀行も金利を引き下げせざるをえなくなるでしょう。

>>住宅ローン一括審査はこちら

北國銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談

実際に北國銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容は次のとおりです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:北國銀行
  • 借入を始めた時期:201510月下旬
  • 金利は?:0.8% 固定金利
  • 借入額は?:1740万円
  • 毎月の返済額について:6万4千円

もしもの出費に備え3年固定金利を選択

変動か固定かを選ぶ際に固定金利でもたくさんの金融商品がありましたが、住まいが変わり、もしもの出費に備えて3年固定を選択しました。

25年返済の計画になっています。

きっとこの先金利が上がることは誰もが予測していることですので、変動金利はギャンブルすぎて最初から考えていませんでした。

時間をかけて銀行選び

お金を借りる銀行選びにも時間をかけました。

給料振込先であるA銀行で話を進めていましたが、担当者が横柄でいい加減であったことと、住宅ローンの金額に応じて保証料がかかることを知り、A銀行で借りることは止めて、親戚も北國銀行で借り入れをしていたので、安心感もありそちらで借りることにしました。

繰り上げ返済は3年更新の際に

ローン担当者は、もしも繰り上げ返済したい場合、その都度手数料がかかってしまうため3年後の更新の時に繰り上げされるといいですよと教えてくれたので、そうするつもりで貯金しています。

借入額は身の丈にあった額を

まだ自宅は建設中なのですが、今住んでいるアパートの家賃も6万円ぐらいなので出費としてはあまり差がないので、返済しやすい金額に収まって良かったと思っています。

新興住宅地のモデルハウスのような家を見栄を張って高額なローンを払っていたが、ついには返済できなくなって出て行った、という話もちらほら聞きましたので、私たちは身の丈に合わせて借り入れ金額を決定しました。

ネット銀行の金利が低いのでちょっと後悔

今のところ借り換えは検討していませんが、ネット銀行のローンの金利が低かったのでこちらも候補に入れればよかったかなと少し後悔しています。

借り換えの検討には一括審査サイトがオススメ

上で紹介した方は、3年後の繰り上げ返済など、返済計画をしっかり検討されているようです。

ネット銀行の金利も気になっているようですから、住宅本舗」を利用して、一括審査をしてみてもいいのではないでしょうか。

借り換えをしないにしても、自分が借りている住宅ローンを今の金利と比較することができますから、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。