1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫関西みらい銀行と滋賀銀行の住宅ローンを比較!金利を交渉するポイントは?

関西みらい銀行と滋賀銀行の住宅ローンを比較!金利を交渉するポイントは?

関西エリアで住宅購入をお考えの方は、住宅ローンをどの銀行で借り入れようか悩みませんか?今回は関西みらい銀行と滋賀銀行を比較していこうと思います。更に現在、どちらかで既に借り入れをしている方にも使える、住宅ローン金利の最下限を引き出せる可能性が高まる交渉術をご紹介していきます。

住宅ローン金利をお得にできる交渉術に重要なポイントとは【他の銀行と比較する】なのですが、今回の関西みらい銀行と滋賀銀行の比較だけでは十分ではないんです。

まずは、関西みらい銀行と滋賀銀行の住宅ローン金利から確認していきます。記事の後半で詳しい金利引き下げ交渉術のポイントをご紹介していきますのでお見逃しなく!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

関西みらい銀行の住宅ローン金利(2021年1月現在)

関西みらい銀行は、元関西アーバン銀行です。2018年にりそなグループ傘下に入り、近畿大阪銀行・みなと銀行の2行と経営統合した際に、関西みらい銀行となりました。2021年の1月時点での住宅ローン金利を確認しましょう。

新規の借り入れ時に、手数料を先に支払わず融資を受ける『融資手数料型』の金利が最下限となっています。しかし、金利は低いのですが手数料が含まれた金額を借り入れ、そこに金利が上乗せになる為、総支払額は高くなると思われます。

  • 変動金利 ・・・ 0.595%
  • 2年固定 ・・・ 0.620%
  • 3年固定 ・・・ 0.620%
  • 5年固定 ・・・ 0.670%
  • 7年固定 ・・・ 0.770%
  • 10年固定 ・・・ 0.820%
  • 15年固定 ・・・ 1.720%
  • 20年固定 ・・・ 2.170%

※表示金利は、最大優遇が適用された場合です。借入の状況によって適用となる金利は変動する可能性があります。

滋賀銀行の住宅ローン金利(2021年1月現在)

続いて、滋賀銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。滋賀銀行で住宅ローンの借り入れをする場合は、『スーパー住宅ローン』という商品になります。この『スーパー住宅ローン』で、変動金利、又は固定金利を選択できます。

滋賀銀行での住宅ローン金利の最下限は、以下の通りです。

  • 変動金利 ・・・ 0.775%
  • 3年固定 ・・・ 0.350%
  • 5年固定 ・・・ 0.800%
  • 10年固定 ・・・ 0.900%

※取引状況によって、住宅ローン金利の引き下げ率が異なり、上記の限りではありません。

他行との住宅ローン金利比較

関西みらい銀行と、滋賀銀行の住宅ローン金利を比較してみましたが、それぞれにメリット・デメリットがありますね。しかし、やはり2社だけでは比較が十分ではありません。

昨今では、金融機関のデジタル化も進み、ネット系の銀行が増えています。そうしたネット系の銀行が金利においてかなり低い事がわかっています。実際に比較しても、ネット銀行は関西みらい銀行や滋賀銀行に比べ、かなり低いんです。

仮に、2000万円の住宅ローンを組んだとして、0.1%金利が下がる事で約25万円も総支払額が変わると言われています。借り入れる金額が大きいために、金利が大きく関わるのです。0.4%違えば約100万円も変わる計算になります。

では、すぐにでもネット系銀行で新規契約や、乗り換えをした方が良さそうに思えますよね?しかし、ここには大きな手数料という落とし穴があるのです。

新規に住宅ローンを借り入れ際にも様々な手数料が掛かります。

  • 新規契約の銀行への保証料
  • 新規契約銀行への抵当権設定費用
  • 金銭消費貸借約定書の印紙代 など

これが、乗り換えとなると、さらに抵当権解除費用などが発生し、手数料だけでザックリ50万円程度、銀行によってはそれ以上かかってしまうのです。これではあまりお得とは言えないですよね?

住宅ローン金利を最大限にお得にするには【他行と比較】して交渉する事である理由は、こうした事からも言えます。

では、具体的にどのように交渉していくのか、詳しく見ていきましょう!

住宅ローン金利交渉術とは?

銀行側と金利の引き下げを交渉できるとしたら、もっと金利を低くしてほしいですよね?それには、銀行側と交渉する為に必要な情報があります。

それを手に入れられるのが、【他の銀行と比較】という事ですが、今回の様に関西みらい銀行と滋賀銀行を比較するのではありません。銀行側に比較してもらい、金利を競ってもらうのです。

先ほど、金利の低いネット系の銀行を紹介しましたが、そうした銀行の情報を銀行に持ち込み、金利を理由に契約を悩んでいると交渉するのです。

しかし自分で他銀行を回ったり、ネットで金利の低い銀行を探すのは、時間がいくらあっても足りませんよね?

そんな時に、住宅ローン一括審査ができるツールを活用する事が効率的で、しかも自分で調べるより圧倒的に効果的な情報を収集できます。

では、圧倒的に効果的な情報とは一体何なのか、ご説明しましょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

最下限金利を比較できる一括審査サイトがオススメの理由

今回おススメするのは、一括で最大6社もの銀行の住宅ローン審査を行う事が出来る「住宅本舗」です。「住宅本舗」は、自宅に居ながら簡単な基本情報を入力するだけで、必要な情報がすぐに手に入る とっても便利なサイトです。

手に入れられる情報は、

  • 金利の低い銀行の一覧
  • その銀行の事前審査の結果(最大6社分)など

しかも、このサイトは日本で唯一特許も取得しているので、信頼と安心を兼ね備えています。

住宅ローンの契約は、どこの銀行も重要な顧客を取り入れる手段なので、軽視できません。この情報をもって銀行に交渉すれば、顧客の欲しい銀行は金利の引き下げに応じてくれる可能性はグッと上がるはずです。

この記事にたどり着いた方の住宅ローン金利が、少しでもお得になる事を祈っております。最後までご覧いただきありがとうございました。

>>住宅ローン一括審査をしてみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。