1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫【住宅ローン】金融機関の変更はいつまで変更できるの?

【住宅ローン】金融機関の変更はいつまで変更できるの?

住宅ローンを組むときに一番気になるのは、やはり金利ではないでしょうか?

そして、借りた後、他の銀行の方が金利が低いのが分かったら、それは、それはショックだと思います。

では、融資を受ける場合、金融期間はいつまで変更が可能なのでしょうか?

今回は、住宅ローンで損しないため、金融期間の変更のタイミングについて説明しましょう。

金融機関はいつまで変更できるの?

住宅ローンの金利はとても重要な部分です。

その金利が今進めている金融機関よりさらに安い金利の銀行があるということが分かった場合。。。。

いつまで変更ができるのか??

答えから申し上げると、本契約までは、大丈夫です。

だいたい借り換えをする1週間前くらいでしょうか?

事前審査や、相談をしている段階では、契約はまだ確定していないので、辞めることは可能です。

(ただ、結構いいところまでいっていると嫌な顔をされるかもしれません。)

本契約は、お金を借りることを承諾する契約なので、破棄することはできませんが、相談段階、事前審査(そのお金を借りることができるのか申込む)の時は、まだまだ契約を打ち切ることが可能です。

 

簡単にできる!他銀行の金利を調べる方法

金融期間の変更は、本契約まで可能ですが、限られた時間で、他の銀行の金利を調べるのはとても大変です。

いくつもの銀行に行くのは面倒ですし、面倒なだけでなく、営業時間が9時~15時なので、日中仕事をしている人は、行くこと自体が不可能な場合も多いでしょう。

また、銀行に行けたとしても、住宅ローンの金利を聞くのはハードルが高いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、住宅ローン一括審査の特許を取得している「住宅本舗」です。

住宅本舗では、色々な銀行の住宅ローン金利を比較することができます。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

他社の情報は交渉にも使える!

他社の金利情報を得ることは、金融機関選びだけでなく、今、借りようとしている銀行との交渉にも使えます。

① 住宅本舗でシミュレーションと審査をする。
② 審査結果を持って、今借りようとしている銀行へ相談に行く。

これをすると、借りている銀行は自分の銀行で借りてもらうため、防衛策に出る可能性があります。

これが「住宅ローンの金利の引き下げ」という銀行員しか知らない裏ワザです。

全ての銀行で交渉が成立するとは限りませんが、金利を最大限に下げるためにぜひ一度チャレンジしてみてください。

>>ネット系の住宅ローン一括審査でこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。