1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫りそな銀行の固定金利 住宅ローン・住宅は買う?借りる?どっちがいいの

りそな銀行の固定金利 住宅ローン・住宅は買う?借りる?どっちがいいの

賃貸住宅に住んでいると、マイホームを購入すべきか、このまま賃貸のままがいいのか、誰もが一度は考えた経験があるのではないでしょうか?

購入するには ほとんどの場合ローンを組む必要があり、ローンの返済額を大きく左右するのは金利です。

このサイトでは、りそな銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しながら、低い住宅ローン金利を引き出す方法を解説しています。

この方法をすることで、新しく住宅ローンを組む人も借り換えをする人も、どちらもお得な思いをすることができます。

その方法とはずばり他行と比較するということですが、まずは、りそな銀行の最近の金利を確認することから始めましょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

りそな銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

【新規借り入れの場合】

【借り換えの場合】

りそな銀行では、借り換えの場合に限って、WEB申し込み限定プランが用意されていて、通常の申し込みより金利が安く設定されています。

りそな銀行の金利は高いの?他行との金利比較

りそな銀行の金利は他行に比べて高いのでしょうか?

例えば、横浜銀行と比べてみると、横浜銀行の変動金利が標準型で0.6%、融資手数料型で0.47%。

りそな銀行でも、融資手数料型が0.47%、保証型が0.525%とほぼ横並びです。

ただ、ネット銀行と比べると、条件にもよりますが、住信SBIネット銀行の変動金利が0.41%なので、ネット銀行はりそな銀行より金利は低いです。

金利の差は、そのまま返済額の差になります。

例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら、金利の安い銀行に乗り換えたら?と思いますが、借り換えには手数料がかかるため、話はそう単純ではありません。

手数料の合計額はおおよそ50万円。銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

その手数料も踏まえ、借り換えをお得にするには、より安い金利を引き出す必要があります。次のその方法を紹介しましょう。

住宅ローン金利の裏ワザとは?

皆さんは、車を購入する際、いくつかのディーラーを回って見積もりをとり、その見積もりをもとに価格交渉をした経験はありませんか?

住宅ローンでも、同じことができます。要は安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるのです。

そして、交渉するのであれば、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

でも、いくつかの銀行で審査を受けるのには時間と手間がかかります。仕事をしながらの情報集め大変です。

そんなとき、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

また、「住宅本舗」は、住宅ローン一括審査の特許を取得しているので安心です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

現在の住宅ローンの内容

現在の住宅ローンに内容は以下の通りです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:りそな銀行
  • 借入を始めた時期:2005年11月
  • 金利は?:3.15%
  • 毎月の返済額について:81,650円

借りるほうが得か買ったほうが得か

住宅について「借りる方が得」か「買う方が得」かという議論が多々あります。

そこでは様々な角度から比較検証し、机上ではじき出された金額が並べられおります。

そもそも、住宅が欲しい人向けの媒体では「買った方が得」という結論に達し、有名エコノミストの書籍ではその逆の結論に達している事が多い、というのが当方でのイメージです。

比較検証に基本的なことが無視されている

個人的な意見としては、その比較検証において、「前提」や「基本的なこと」が無視されているのではないかと思うことが非常に多い今日この頃です。

つまり、「前提」として、「家族が健康」であることが組み込まれております。

言い換えれば、「買った」場合、名義人が死亡した場合はもちろん、八大疾病等が発症した場合も保険に加入していれば、残りの借り入れ分は完済扱いされます。

一概にはいえませんが、経済的に大きなメリットがあることは事実です。

お金を借りることができる人はそれが特権

又、「基本的なこと」として、「値段が安くても家を買えない人(ローンを組めない人)」はたくさんいますが、「家賃が安くても家を借りれない人」はさほどおりません。

つまり、「お金」を借りるか、直接、「家を借りるか」の選択になりますが、「お金」を借りることができる人はそのこと自体が「特権」となります。

特権を放棄した方がいい場合とは?

「特権」を放棄するかしないかは個人の自由ですが、客観的に判断して放棄した方がいい場合は下記の2パターンになるかと思います。

  1.  現金で家を買える人
  2.  家賃を支払うことで税金対策になる人

一般的には、「家を買った方が得」かと判断し、その為の住宅ローンは大変な経済的効果をもたらしてくれると感じております。

よりお得に借り換えをするために

上で紹介した方の金利は、3.15%とやや高めの設定です。

ご本人が借り換えの意思があるかはわかりませんが、返済期間によっては借り換えた方がお得になる可能性が高いでしょう。

そして、よりお得な借り換えには、他行との比較が必須です。

借り換え先が、りそな銀行でも、りそな銀行以外であっても、他行の情報があることでより安い金利を引き出すことができます。

さきほども紹介しましたが、色々な銀行の住宅ローン金利を比較するなら、住宅ローン一括審査の特許を取得している「住宅本舗」が便利です。

りそな銀行で借り換えをするにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。