1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫福岡銀行の住宅ローンでダイレクト返済をつかって賢く返済を計画中

福岡銀行の住宅ローンでダイレクト返済をつかって賢く返済を計画中

マイホームをキャッシュで買える人は、一握りでしょう。

ということは、多くの方が住宅ローンを組むことになるのですが、住宅ローンを組むならお得な金利で契約したいものです。

このサイトでは、福岡銀行で最安値で住宅ローン金利を契約する方法を解説しています。

この方法をすることで、新しく住宅ローンを組む人も借り換えをする人も、どちらもお得な思いをすることができます。

その方法とは、ずばり他の銀行と比較すること。そんな基本的なこと?と思うかもしれませんが、実はとても有効な手段です。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

福岡銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

福岡銀行には主に変動金利型、固定金利型、全期間固定金利型というプランがあります。

また、北九州市限定住宅ローンなど地域限定の住宅ローンがありますので、それぞれお住まいの地域で確認してみるとよいでしょう。

福岡銀行の金利は他の銀行と比べて高いの?

福岡銀行の住宅ローン金利を他の銀行と比較してみましょう。

例えば、京都銀行と比較してみると、京都銀行の変動金利は0.775%。福岡銀行は融資手数料型で0.725%。

特約期間固定金利10年では、京都銀行は1.00%。福岡銀行は保証料一括型で0.85%ですから、条件にもよりますが、福岡銀行の金利は京都銀行よりやや低めに設定されているのがわかります。

ただ、ネット銀行と比較してみると、住信SBIネット銀行の変動金利が0.41%ですから、ネット銀行は福岡銀行に比べかなり低い金利です。

その金利の差はそのまま返済額の差となり、例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。0.4%なら100万円です。

では、金利の低い銀行にすぐに乗り換えたほうがお得!と思いますが、他の銀行に乗り換えと手数料がかかり、その額はおよそ50万円。銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあるため、簡単にお得とは言い切れないのです。

手数料を払っても、お得に乗り換えをするには、より低い金利を銀行から引き出す必要があります。そんなことはできるのでしょうか?

お得な住宅ローン金利を引き出すワザとは?

銀行からより低い金利を引き出すには、安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせます。

みなさんは、車を購入するとき、いろんなディーラーに見積もりを出してもらって競合させ、値下げしてもらった経験はありませんか?これと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利。また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、いろいろな銀行と交渉し審査を受けるには、手間と時間がかかりますから、普通に仕事をしながらでは、なかなか難しいでしょう。

そんな時便利なのが、「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、ネット上で基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

また、住宅本舗は、住宅ローン一括審査の特許を取得しているので安心です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

ただでさえ安いネット系銀行の中でも一番安い銀行と比較することで、交渉相手の銀行は金利を下げざるを得なくなります。

いずれにしても損にはならないですし、交渉で0.2%下げることができれば50万円、0.4%なら100万円お得です。是非利用してみてください!

福岡銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談

福岡銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容は次の通りです

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:福岡銀行
  • 借入を始めた時期:2015年8月
  • 金利は?:年利2.05パーセント
  • 毎月の返済額について:8万2000円

借入先に選択の余地なし?

なかなか住宅を一括で支払うことのできる人はいないと思います。

当然住宅ローンを組むことになるのだけれど、ハウスメーカーと取引のある銀行内で選択をすることになるので、あまり比較の余地がなかった印象があります。

ただ、審査が厳しいところの方が金利が安い傾向があるような気がしました。

あとは、契約者の勤務先によって優遇が受けられるところもあるそうです。

我が家の場合は妻が公務員で給与振り込みに使っていた口座が、そのまま返済用の口座に充てられたというのも幾分か契約が簡単に済みましたし、特典も若干ありました。

ダイレクト返済を使って返済期間の短縮を計画

住宅ローンは返済期間も長くなることが多いので、無理なく組みたいと思い、ボーナス払いなど設定をしませんでした。

そして、家計に余裕がある際に「ダイレクト返済」という元金の償却できるサービスを使って、返済期間を少しでも縮められたらと思っています。

よく考えて返済金額を決める必要がある

家を建てることが目的ではなく、建てた後で生活をしていくことが目的なので、本当によく考えてから月々の返済額を決めていく必要があると思いました。

家を建てるということは多くの場合、これまで住んでいた場所と異なるので、交通費の増減、職場からの住居手当、固定資産税、そのほか設備費、水道光熱費、想定できる限りの数字を上げて、どのくらいなら返済が可能なのかをじっくり考えたうえで契約に臨む必要があると感じました。

我が家は、住居手当が持ち家になったら減額したので、その差額も計算が必要でした。

工期との関係で急がされることもあるかもしれませんが、よくよく検討したうえで契約をできたので我が家は良かったと思っています。

最安値の金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

上で紹介している方が言っているとおり、「家は、建てることが目的ではなく、建てたあと生活していくことが目的」です。

つまり、返済計画に無理がないか、ローンを組む際にじっくり考える必要があるということです。

そして、返済額に最も影響があるのは住宅ローン金利ですから、住宅ローンを組む際には金利をしっかり確認し、他の銀行とも比較しましょう。

また、借りたあと、借り換えすることで返済額が減る可能性もあります。

新規でローンを組むにしてもローン借り換えるにしても、他行比較をしてみないと始まりません。そのために、さきほども紹介した住宅ローン審査をしてみることをお勧めします。

福岡銀行を選択するにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。