1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫北越銀行の住宅ローンを固定金利で契約・面倒でも事前の勉強が大事

北越銀行の住宅ローンを固定金利で契約・面倒でも事前の勉強が大事

住宅ローンを組む時、ふだん取引がある地元の銀行で…と考える方も多いかもしれません。

でも、その選択は本当に正しいのでしょうか?お得なのでしょうか?

このサイトでは、北越銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談を紹介しながら、最安値で住宅ローン金利を契約する方法を解説しています。

この方法をすることで、新しく住宅ローンを組む人も借り換えをする人も、どちらもお得な思いをすることができます。

その方法とは、ずばり他行と比較することです。そんな基本的なこと?と思うかもしれませんが、詳しく説明していますのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

北越銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず最初に北越銀行の住宅ローン金利を確認しておきましょう。

北越銀行では、借入額1,000万円の毎月返済額もHPに掲載されています。

北越銀行には、ローンのご相談専門店 暮らしの応援ひろば「ホクギンローンプラザ」があり、土日や平日の夜間も営業しているので、日中仕事で銀行に行けない方には便利です。

北越銀行の金利は高いの?他行との住宅ローン金利比較

北越銀行の住宅ローン金利を他の銀行と比較してみましょう。

例えば、東北銀行の場合、変動金利は0.850%~0.950%。

北越銀行は、0.725%ですから、北越銀行の金利は東北銀行に比べ低い設定になっているといえます。

ただ、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、条件にもよりますが、ネット銀行は北越銀行の金利よりかなり低い設定です。

金利の差は、そのまま返済額の差になります。例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら、すぐにでも金利の低い銀行に乗り換えた方がお得では?と思いますよね。

でも、実は他行への乗り換え、借り換えには手数料がかかり、その額はざっくり計算して約50万円。銀行によってはそれ以上かかる場合もあるため、提示されている金利だけ比較して借り換えをしても、必ずしもお得とは限りません。

北越銀行で住宅ローン金利を有利にする交渉術とは

では、手数料を払ってもお得に乗り換えをする方法はあるのでしょうか?

それは、より低い金利を引き出すことです。

銀行と金利交渉は無理、と思い込んでいる人もいるようですが、交渉は可能です。

ただ、交渉を有利にすすめるためには、他の銀行の情報が必要です。

他の銀行の情報を提示して、現在の銀行に乗り換えの相談する事で、交渉先の銀行にいまより低い金利を引き出させることができるのです。

そして、いくつもの銀行の情報を集めるのにおすすめなのが、住宅ローン一括審査ができるツール「住宅本舗」です。

>先に住宅ローン一括審査をしてみる

簡単にできる!住宅ローン金利の裏ワザ

住宅本舗」は、ネット上で基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

ネットで手続きができるので、銀行を回ることなく、いくつもの銀行の金利・情報を収集することができ、その情報が交渉に役立ちます。

また、このサイトでは、見積もりだけではなく審査が実際に通るかどうかについてもわかります。

交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

住宅ローン審査の結果を6社分出せば、乗り換えに対する本気度も銀行に伝わり、交渉相手の銀行も金利を引き下げせざるをえなくなるでしょう。

>>住宅ローン一括審査はこちら

北越銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談

実際に北越銀行で住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容は次のとおりです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:北越銀行
  • 借入を始めた時期:H27年9月
  • 金利は?:1.2%
  • 毎月の返済額について:65000円

よく勉強して銀行を選定

H27年8月に注文住宅を新築し、9月から住宅ローンを返済し始めました。

人生を大きく左右する買い物なだけに、借りる銀行は特に気を使って、よく勉強してから選びました。

北越銀行を選んだ理由は金利の安さと保険の保証充実

私が北越銀行という新潟県の地方銀行を選んだ理由は、時期的に金利が底値だったこともあり、0.8パーセントで借りられるところでした。

保証金と団体信用保険料を金利上乗せで支払う事にして、1.2パーセント。

とにかく金利の安さに飛びつき話を聞いてみたのですが 、最終的な決めてになったのは単純に金利の安さではなく、保険の保証が他の銀行に比べ、とても充実していたことです。

死亡保証だけではなく、ほとんど同じ金額で三大疾病まで保証。

さらに、ガンであれば別の保証も受けられるなど、他の銀行よりも特に充実していたので、迷いはほぼありませんでした。

ハウスメーカーに任せず自分で仕組みを勉強すべき

元々は、フラット35で無理のないローンになるよう、自己資金と折り合いをつけて計画していたので、10年固定だと先の不安もありますがローン減税と言う制度もありますし、返済にあたってのライフプランやキャッシュフローも、自分なりに考えて作成していたので、本当に金利次第ではあるのですが、やっていけるようにはしています。

これから住宅ローンをご検討される方であれば、ハウスメーカーや工務店に任せるのではなく、まずはご自身でよく仕組みを勉強し、メガバンクのメリットやデメリット、地方銀行のメリットやデメリットを調べて、各銀行の保険等を比較した上で、決定する事をオススメします。

面倒かもしれませんが、ご自身若しくはご家族の生涯を左右する買い物ですので、惜しくはない時間と労力だと私は思います。

一括審査サイトを活用すべき

上で紹介した方は、事前にしっかりと勉強し、しっかりとした返済計画、人生設計をした上でローンを組んでいらっしゃるようです。

すばらしいと思います。

この方が言うように、住宅ローンは、ご家族の人生を左右しますから、事前の勉強は本当に大切です。

そして、その勉強、銀行の比較にも、一括審査サイトは役に立つと思います。

新規で借りる方も、借り換えを検討している方も、ぜひ一括審査サイトを活用してみてください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。