1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫りそな銀行で住宅ローンの借り換えをするメリット・デメリット

りそな銀行で住宅ローンの借り換えをするメリット・デメリット

住宅ローンは、繰り上げ返済や借り換えをすることで、返済額は大きくかわります。

返済期間が長いため、最初の金利のままでは、大きな損をしてしまう可能性もあります。

ただ、借り換えには手数料もかかりますから、借り換えはメリットだけでなくデメリットがあることにも注意しなくてはいけません。

今回は、りそな銀行で住宅ローンを組んでいる方の借り換えに関する相談から、借り換えの際のポイントを紹介しましょう。

 

りそな銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

【新規借り入れの場合】

【借り換えの場合】

りそな銀行では、借り換えの場合に限って、WEB申し込み限定プランが用意されていて、通常の申し込みより金利が安く設定されています。

他行との金利比較

りそな銀行の金利は他行に比べて高いのでしょうか?

横浜銀行と比べてみると、横浜銀行の変動金利が標準型で0.6%、融資手数料型で0.47%。

りそな銀行でも、融資手数料型が0.47%、保証型が0.525%とほぼ横並びです。

ただ、ネット銀行と比べると、条件にもよりますが、住信SBIネット銀行の変動金利が0.41%なので、基本的にネット銀行の方がりそな銀行より金利は低いです。

金利の低さは、そのまま返済額に響いてきます。例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら、金利の安い銀行に乗り換えたら?と思いますが、実はコトはそう簡単ではありません。なぜなら、借り換えには手数料がかかるからです。

他行への借り換えを行う場合、新しい銀行への保証料、抵当権設定費用、元の銀行の抵当権を解除する費用、金銭消費貸借約定書の印紙代等がかかってきます。

その合計額はザックリ計算して50万円ですし、銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

その手数料も踏まえ、借り換えをお得にするには、より安い金利を引き出す必要があります。次のその方法を紹介しましょう。

住宅ローン金利の裏ワザ

皆さんは、ちょっと高い買い物をするとき、何店かで見積もりをとって、その見積もりをもとに価格交渉をしたりしませんか?

住宅ローンでも、同じことをします。要は安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

交渉するのであれば、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、仕事をしながら、いくつもの銀行から情報を収集するのは、かなり難しいでしょう。

そんなとき、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

また、「住宅本舗」は、住宅ローン一括審査の特許を取得しているので安心です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談&借り換えに関する悩み

現在の住宅ローンの内容

現在の住宅ローンに内容は以下の通りです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:りそな銀行
  • 借入を始めた時期:平成25年9月
  • 金利は?:2.475% 変動金利
  • 借入額は?:1480万円
  • 毎月の返済額について:45000円

住宅ローンを組んだ感想

まとまったお金が無ければ、都会では住宅を手に入れるのはとても難しいです。

そんな中、真面目に勤めていさえすれば、比較的良い確率でお金を貸していただける、銀行の住宅ローンはとても有り難いシステムです。

私自身はかなり節約傾向にあるので、昔は古い団地をリフォームして暮らせばかなり節約して住宅を手にできると考えていて、住宅ローンを組む気はありませんでしたが、東日本大震災が起きてから、何が起きるかわからない事がよくわかり、住宅は一戸建てで買わなければ!との思いに切り替わったので、本当に住宅ローンが無ければ今の住宅を手に入れられなかったので住宅ローンには感謝しております。

しかし反面、家の両親が住宅ローンを組んだ時は今より大分金利が高かったので、まだ払い終えられていない両親の事を考えると、一概にローンを組めた事が幸せと言えるのかは難しく思うところがあります。

育児・介護世代をフォローする制度が欲しい

それに自分も30代後半からの借り入れだったので、将来的に働けなくなる前に何とかしないといけないのに、育児、介護、とお金が必要になる一方の状態で、これからの不安が無いと言えば嘘になります。

そういった部分は、その様な状態の世代にフォローする制度が住宅ローン減税以外で何か有ればもっと多くの方が住宅ローンを利用した住宅購入に意欲を持てるのかもしれないです。

価値観が変わりライフスタイルに合わせて住宅も変えていくという考えも出てきましたが、やはり自分が住み慣れた場所があるというのは自分にとっても家族にとっても良いと思うので住宅ローンがある事に私は感謝をしたいです。

住宅ローンを借り換えする際の悩み・疑問

住宅ローンを組んだ当初、働き始めて間もなかったので、査定を受ける段階で銀行数がかなり絞られてしましました。

借りた当初に比べると勤続年数が少し増えたので、借り換えをしたら得な場合があるのか気になりました。

実際、今から違う銀行に借り換えをした場合どのようなメリットがありますか?

逆に借り換えを行うことでのデメリットがあるケースはどんな状態ですか?

借り換えのメリットとデメリット

この方の場合、働き始めて間もない頃に住宅ローンを組んだようですね。

確かに、銀行によっては勤続年数3年以上などの制約があるため、査定を受けられる銀行が限られてしまったかもしれません。

でも、すでにローンは組まれ返済が始まっていますから、借り換えができる金融機関は増えていると考えてよいでしょう。

借り換えのメリット

借り換えをすると実際にお得になるケースがあります。

今、変動金利で2%台で借りているのは、かなり金利が高いです。

変動金利であれば、安い人は0.5%台です。

違う銀行に借り換えをするメリットは、今のりそな銀行より金利が安い、以外にはありません。

借り換えをするにあたり、りそな銀行、新しく借り換えをする銀行の2つの銀行で手続きをするため、その部分が手間という方も多いです。

借り換えのデメリット

借り換えをすることでデメリットについては、あまりありません。

借り換えをするということは
金利が下がる=支払う利息が少なくなる

ということで100万円以上お得になるメリットはありますが、デメリットについては聞いたことがないです。

諸費用が多少かかりますが、その費用を払ってもお得になるのが、住宅ローンの借り換えです。

是非ご検討ください。

よりお得に借り換えをするために

より安い金利で借り換えができれば、借り換えのメリットはさらに大きくなります。

借り換え先が、りそな銀行でも、りそな銀行以外であってもそれは同じですから、より安い金利を引き出すためには、他行の情報が重要です。

さきほども紹介しましたが、色々な銀行の住宅ローン金利を比較するなら、住宅ローン一括審査の特許を取得している「住宅本舗」が便利です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

りそな銀行で借り換えをするにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、是非お試しください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。