1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ちばぎんの住宅ローン金利はお得なの?体験談&プロからのアドバイス

ちばぎんの住宅ローン金利はお得なの?体験談&プロからのアドバイス

家の購入は、多くの人にとって人生に1度あるかないかの大きな買い物ではないでしょうか。

そして、購入にあたって組む住宅ローンは、その金利によって返済金額は大きくかわってきます。

このサイトでは、ちばぎんで住宅ローンを組んだ方の体験談をもとに、最安値で住宅ローン金利を契約する方法を紹介してます。

その方法とは、ずばり他行と比較するということですが、そこに一工夫加えることになります。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

ちばぎんの住宅ローン金利(2020年9月時点)

まずは、ちばぎんの住宅ローン金利を紹介しましょう。

【プラン1 選べる住宅ローン金利割引プラン】

・全期間割引プラン

・当初期間割引プラン

【プラン2 全期間固定金利の安心プラン】

【プラン3 「ちばぎん無担保住宅ローン」金利割引プラン】

ちばぎんには、上記のとおり、大きくわけて3つのプランが用意されています。

その他、フラット35の扱いもあります。

ちばぎんの金利は他行と比べて高い?

ちばぎんの住宅ローン金利を他行と比べてみましょう。

例えば、横浜銀行は、変動金利の固定型で0.6%。ちばぎんは0.725%。

固定金利10年型は、横浜銀行は0.825%、ちばぎんは1.10%ですから、条件にもよりますが、ちばぎんは他の地方銀行に比べると住宅ローン金利はやや高めのようです。

さらに、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、その差はさらに広がります。

金利の差は、そのまま返済金額に差になります。例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。0.4%なら100万円です。

では、金利が低い銀行に乗り換えたらいいのではということになりますが、そこに立ちふさがるのが、手数料です。

他行への借り換えを行う場合、新しい契約を組みなおすということになるので、新しい銀行への保証料や新しい銀行が抵当権を設定するのでその費用、元の銀行の抵当権を解除する費用、金銭消費貸借約定書の印紙代等がかかってきます。

その合計額はザックリ計算して50万円ですし、銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

その手数料を払っても借り換えをお得にするには、より低い金利を引き出す必要があります。

実は簡単!住宅ローン金利の裏ワザ

より低い金利を引き出す裏技・その方法とは、安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

車を購入するとき、いろんなディーラーに見積もりを出してもらって競合させ、値下げしてもらった経験はありませんか?これと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、日中仕事をしていたら、銀行を回って情報を収集するのは厳しいですよね。そこで、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

>>住宅ローン一括審査はこちら

ただでさえ安いネット系銀行の中でも一番安い銀行と比較することで、金利を下げざるを得なくなります!また、手数料も加味してもそちらの方が安いのであれば、乗り換えるのがお得です。

いずれにしても損にはならないですし、交渉で0.2%下げることができれば50万円、0.4%なら100万円お得です。是非利用してみてください!

 

ちばぎんで住宅ローンを組んだ人の体験談

実際にちばぎんで住宅ローンを組んだ人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容(ちばぎん)

  • 住宅ローンの内容はつぎの通りです。
  • 借入を始めた時期:2015年11月
  • 金利は?:1.480% 固定金利
  • 借入額は?:1200万円
  • 毎月の返済額について:18万円

住宅ローンを組んだ感想

住宅の購入は大きな買い物です。大きな買い物だけにかなり悩んだり、そして実際モデル住宅や住宅物件建設予定地を見学に足を運んだりと、かなりの労力を使いました。

家族ともどもものすごいパワーを必要とし、そして使いましたね。

実際に週末になると仕事で疲れている体を動かし住宅見本展示場や、実際の物件が立つ予定地など。そこまで車などで行くにもかなりのコストがかかりましたし、

また結婚してから住宅購入を決めたので、夫婦で話し合いになったときにかなり喧嘩などもしました。

メインの住宅ローンの話になりますが、銀行によってばらつきがある金利どう選んだらいいのか最初は迷いました。

信頼できる友人でマイホーム購入者に相談もしましたが、金利の事を考えれば考えるほど毎晩眠れないくらいでしたね。

固定金利と変動金利に関してどちらが得か。今回はフィナンシャルアドバイザーに相談しなかったので、これから先ローンなどに関してもっと詳しくなり、自分でもローン金利などに悩まされないように良きアドバイザーに相談してみたいと思っているところです。

実際のマイホームを契約するまでに3年ほどかかりました。その間に子供が出来、出産を経験しましたし、また仕事で昇進などもありました。

高い買い物で、これから先20年弱にわたって住宅ローンを返済していかなければいけないことを思うと、もっと住宅ローンや金利、その他金融に関することで良き相談アドバイザーを持てたらいいと思っています。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

マイホームを去年購入しました。

その際以前からお付き合いのある銀行に相談したのですが、自身で金利の事について調べたところ銀行によって金利にばらつきがあるのがわかりましたが、やはり昔からお付き合いのある銀行に相談しました。

各銀行によって金利にばらつきがあるとやはり自身の心の中にも不安や迷いが出てきてしまうものです。

高い買い物なので、どうしたらその不安や悩みを取り除いてくれるのか、端的に言えば自分に徳が出るのか相談できる場所が知りたいですね。

この方への住宅ローンアドバイス

こういった悩みはみなさんが抱えています。

住宅ローンの借り換えをするとどれくらい金利が安くなるんだろうか?
どのくらいメリットがでるんだろうか?
そんな悩みはつきませんよね。

このサイトであれば、だいたいの住宅ローンの借り換えをした時のメリットがわかりますし、どうすれば金利を安くすることができるのか書かれています。

是非一度ごらんになってみてください。

また、銀行と有利に交渉を進めるには、多くの金融機関の情報を集めることが重要です。そんな情報を使えば、提示された金利をさらに下げられる可能性があります。

最安値の金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

新規でローンを組むにしてもローン借り換えるにしても、他行比較をしてみないと始まりません。そのために住宅ローン審査をしてみることをお勧めします。

ちばぎんを選択するにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。