1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫千葉銀行 住宅ローンのボーナス返済は要注意?

千葉銀行 住宅ローンのボーナス返済は要注意?

住宅ローンは、その金利によって返済金額は大きくかわってきます。

そして、ローンを組むにあたっては、固定金利にするか変動金利にするか、ボーナス返済も組み込むかなど、決めなくてはいけないことがたくさん発生します。

それは、借入時だけでなく、借り換えを検討する際も同じです。

このサイトでは、千葉銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談をもとに、安い金利で住宅ローンを契約する方法を紹介してます。

その方法とは、ずばり他行と比較するということですが、そこに一工夫加えることになります。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

千葉銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まずは、千葉銀行の住宅ローン金利を紹介しましょう。

【プラン1 選べる住宅ローン金利割引プラン】

・全期間割引プラン

・当初期間割引プラン

【プラン2 全期間固定金利の安心プラン】

【プラン3 「ちばぎん無担保住宅ローン」金利割引プラン】

ちばぎんには、上記のとおり、大きくわけて3つのプランが用意されています。

その他、フラット35の扱いもあります。

千葉銀行の金利は他行と比べて高い?

千葉銀行の住宅ローン金利を他行と比べてみると、例えば、横浜銀行は、変動金利の固定型で0.6%。千葉銀行は0.725%。

固定金利10年型は、横浜銀行は0.825%、千葉銀行は1.10%ですから、条件にもよりますが、千葉銀行は他の地方銀行に比べると住宅ローン金利はやや高めのようです。

さらに、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、その差はさらに広がります。

金利の差は、当然ですが、そのまま返済金額に差になります。

例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら金利が低い銀行に乗り換えたらいいのでは?と思いますが、借り換えには手数料が発生するため、それも踏まえて検討する必要があります。

手数料を払っても借り換えをお得にするには、より低い金利を引き出さなくてはいけません。

低い住宅ローン金利を引き出すには

より低い金利を引き出す裏技・その方法とは、安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

皆さんは、少し高い買い物をするとき、複数のお店で価格を比較したり、見積もりを出してもらって、値下げの交渉をした経験はありませんか?これと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、日中仕事をしていたら、銀行を回って情報を収集するのは厳しいですよね。そこで、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

>>住宅ローン一括審査はこちら

金利の低いネット系銀行の中でも一番安い銀行と比較することで、交渉先の銀行は金利を下げざるを得なくなります!また、手数料も加味してもそちらの方が安いのであれば、乗り換えるのがお得です。

千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

実際に千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容はつぎの通りです

  • 借入先:千葉銀行
  • 借入を始めた時期:2000年9月
  • 金利は?:2.26% 固定金利
  • 借入額は?:2000万円
  • 毎月の返済額について:7万円ボーナス時18万円

当初は返済額は苦にならない額のはずだった

借りるときは、安定した仕事で、よほどのことがなければ退職まで頑張れると思ってローンを組みました。

またボーナスもどんどん増えていくだろうし、この金額はまったく苦にならない金額のはずでした。

障害者となりボーナス時の返済が負担に

事故に遭って、障害者となり、元々マンションがバリアフリー設計になっていて暮らしやすさは問題なかったので、マンションを手放すことは考えなかったのですが。

年金が思ったよりも少なく、また医療費も掛かり、消費税の値上げで生活は苦しくなる一方で、ボーナス時の支払いが負担になっています。

そしてボーナス時は、固定資産税の支払いも同時に有り、支払額はあわせると、20万円を超えます。

マンションは古くなれば、固定資産税も下がるだろうと安易に考えていましたが、入居時とほぼ変わらない固定資産税で、その点も住宅ローンとともに負担になっています。

その反面、15年経つと、あちこちの電化製品、設備に不具合が出て思いもよらない出費もあります。ガス給湯器の交換は30万円もかかりました。

ボーナス払いは避けたほうがいい

契約時22年ローンで組んだので、もう少しゆとりのある長いスパンで考えても良かったのかなとも思いました。

また保証人を立てるやり方は、誰かに迷惑をかけてしまうことが嫌だったので借りる時に、保証人協会というところに一括で支払いをしているので、誰かに肩代わりさせるという迷惑なことになってしまうことはない点は安心しています。

それと自分が死んだときには、住宅ローンが免除になる保険にも入りました。これも一括払いのタイプです。

もしも働けなくなった時にも免除になる保険があったら、高くても入ることをこれから住宅ローンを組む人には伝えたいです。

そして、公務員であっても何があるかわかりません。極力ボーナス払いは避けたほうがいいと思います。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

前に借りた時には元気でしたが、今は入院歴もあり、自分に何かあった時の保険の加入がむずかしいのではないか。ということです。

住宅ローンを組んだ時は公務員で審査も全てスムーズでした。ボーナスも安定していましたので、ボーナス返済も加えました。

しかし事故で障害者年金での生活となりました。普段の支払いはいいのですが、ボーナス返済の時期が毎回大きく出るので大変です。

組み換えや借り換えが、今の私でできるのか疑問に思っています。

この方への住宅ローンアドバイス

今の健康状態をみて、「大丈夫だろう」「ボーナスは今もらっているから大丈夫」と
言うように、「今」の状況だけで判断してボーナス払いを選択してしまう方は多いです。

しかし、本当に考えなければいけないのは10年先です。

自分がちゃんと働けているのか、会社の状況はよく今後もずっとボーナスが出続けるのか
というところを基準に住宅ローンのボーナス返済を考える必要があります。

この方は、事故という考えもしなかったことで、ボーナス返済が苦しいという状況です。

正直、借り換えだと、団体信用生命保険の審査に落ちてしまうような気がします(一度審査を受けてみる価値はあります。)

インターネットだと簡単に申し込めるので便利です。

もし審査に通らなかった場合は、同じ銀行で条件の変更をしてもらえればいいと思います。

条件の変更とは、【今この金利だけど下げるよ~】だったり、【今ボーナス払いをしているけど、通常のだけに変えるよ~】というようなこれまでの条件を変更できるものです。

これであれば、審査など新たに必要ないので、スムーズに変えることができるとお思います。

最安値の金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

借り換えができるかどうか悩んでいても始まりません。

まずは、下記のサイトを利用して、交渉してみるとよいでしょう。

千葉銀行を選択するにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。