1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫りそな銀行の住宅ローン・容積率オーバーで借り換えができないってホント?

りそな銀行の住宅ローン・容積率オーバーで借り換えができないってホント?

住宅ローンは、返済期間が長いため、繰り上げ返済や借り換えをすることで、返済額が大きく変わることがあります。

ただ、借り換えには手数料もかかりますから、借り換えはメリットだけでなくデメリットがあることにも注意しなくてはいけません。

また、当初借りた時とは金利だけでなく、基準が変わり、おもいがけない障害が発生することもあります。

今回は、りそな銀行で住宅ローンを組んでいる方の借り換えに関する相談から、借り換えの際のポイントを紹介しましょう。

 

りそな銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず、りそな銀行の住宅ローン金利を確認してみましょう。

【新規借り入れの場合】

【借り換えの場合】

りそな銀行では、借り換えの場合に限って、WEB申し込み限定プランが用意されていて、通常の申し込みより金利が安く設定されています。

りそな銀行の金利は他行と比べて高いの?

りそな銀行の金利を他の銀行と比較してみましょう。

横浜銀行と比べてみると、横浜銀行の変動金利が標準型で0.6%、融資手数料型で0.47%。

りそな銀行でも、融資手数料型が0.47%、保証型が0.525%とほぼ横並びです。

ただ、ネット銀行と比べると、条件にもよりますが、住信SBIネット銀行の変動金利が0.41%なので、基本的にネット銀行の方がりそな銀行より金利は低いです。

金利の差は、そのまま返済額の差になります。

例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら、すぐにでも金利の安い銀行に乗り換えた方がお得では?と思いますが、実はコトはそう簡単ではありません。なぜなら、借り換えには手数料がかかるからです。

その合計額はザックリ計算して50万円ですし、銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

その手数料も踏まえ、借り換えをお得にするには、より安い金利を引き出す必要があります。次のその方法を紹介しましょう。

実は簡単!低い住宅ローン金利を引き出す裏ワザ

皆さんは、車を買うとき、ディーラー何店かに見積もりを出してもらい、その見積もりをもとに価格交渉をした経験はありませんか?

住宅ローンでも、同じことをするのです。要は安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

そして、交渉するのであれば、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、仕事をしながら、いくつもの銀行から情報を収集するのは、不可能に近いかもしれません。

そんなとき、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

また、「住宅本舗」は、住宅ローン一括審査の特許を取得しているので安心です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

りそな銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

実際にりそな銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談を紹介しましょう

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容はつぎの通りです。

  • 借入先:りそな銀行
  • 借入を始めた時期:平成17年12月
  • 金利は?:3.15% 固定金利
  • 借入額は?:1900万円
  • 毎月の返済額について:81,650円

住宅ローンを組むのは賭け

住宅ローンを組む事は非常に賭けの部分が大きいと思います。

極端に言えば、賭けに負けても破綻しない程度の額に抑え、又、賭けに負けてもそこに住みたいと思える物件をみつけるべきだと思います。

基本的に金融にしても不動産にしてもプロしか儲からないと考えた方が無難です。
プロを相手に勝とうとか儲けよう、利用しようとは思わないに、こした事はありません。

消費者としてできることはタイミングを逃さない事?

その為、消費者として「できる事」は、気に入る物件を見つけだす為に、ひたすら現地に足を運んで「住宅を見る目を肥やす事」と「究極の1点ものを手に入れるためにタイミングを逃さない事」くらいだと思います。

又、住宅の購入は結婚後、女性の意見に左右されることが大半だと思いますが、これはかなり危険です。

なぜなら、女性は自分自信が楽をする事のみを重視し、インスピレーション的に物を言う事が多々ある為、先々の事を考慮して、何があっても潰しが利く様な考えができないと方が多々おられると個人的には感じております。

おそらく妻の言う通りの住宅を購入しても、その事について責任をもつ妻は少ないでしょう。

状況が変わった際に、旦那が妻に「あの時こう言ったじゃないか。」と言ったとしても喧嘩になるだけです。最悪は離婚です。

無理のない程度の住宅ローンを組む事

家族円満に暮す為にも、潰しの利く住宅を多角的な角度で検証して見つけ、ベストではないにしても無理のない程度の住宅ローンを組む事を世の男性には勧めます。

もちろん、上記は一般的な収入の方に向けての意見ですが、素直な意見をまとめさせて頂きました。

住宅ローンを借り換えする際の悩み・疑問

りそな銀行で平成17年に30年固定にて3.15%の住宅ローンを組みましたが、10年間の経験から変動金利にした方が得だと判断し、変動金利に借り換えの手続きに行きました。

ところが、東日本大震災の影響かは分かりませんが、平成17年当時とでは基準が変わったらしく、容積率のオーバーを理由に、同じ銀行ですら借り換えができませんでした。

もちろん他の銀行でも同じ理由で断られました。

もし、借り入れ当時に変動金利で手続きをした場合も、現時点では、先の理由で固定金利での借り換えができないという事になるのでしょうか?

この方への住宅ローンアドバイス

なるほど、容積率オーバーの物件になってしまったということなんですね。

たしかに法律が変わり容積率が変わっているようです。

つまり、今の法律上では建てられない物件が建っているということになるわけですが、大手の銀行だけでなく、ネット銀行などとにかくすべての銀行に借り換えができるのか、
H17年の時は、容積率は法律の範囲内だったということをきちんと説明してみるべきです。

その時の法律上OKだったのであれば、しっかりと対応してくれる銀行であれば、住宅ローンの借り換えはできるはずです。

正直今の組まれている金利はとても高いので、あきらめずに借り換え交渉をすることをオススメします。

よりお得に借り換えをするために

この方の場合、容積率がネックになっていますが、ネット銀行も候補にいれて、借り換え交渉をしてみることをおすすめします。

そして、容積率の問題がクリアされたとき、より安い金利で借り換えができれば、借り換えのメリットはさらに大きくなります。

借り換え先が、りそな銀行でも、りそな銀行以外であってもそれは同じですから、より安い金利を引き出すためには、他行の情報が重要です。

さきほども紹介しましたが、色々な銀行の住宅ローン金利を比較するなら、住宅ローン一括審査の特許を取得している「住宅本舗」が便利です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

りそな銀行で借り換えをするにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、是非お試しください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。