1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫大垣共立銀行の変動金利で住宅ローンを契約中・借り換えはお得?

大垣共立銀行の変動金利で住宅ローンを契約中・借り換えはお得?

住宅ローンを組むなら、できるだけ低い金利で契約したいですよね。

不動産会社のオススメや、普段から付き合いのある銀行など、借入先の選び方はそれぞれだと思います。

でも、しがらみにとらわれていては、低い金利での契約はできないでしょう。

今回は、岐阜県にある大垣共立銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談も紹介しながら、最安値での住宅ローン金利を契約する方法を紹介します。

この方法をすることで、新しく住宅ローンを組む人も借り換えをする人もどちらもお得な思いをすることができます。上手くやれば50~100万円もお得にすることができます!

その方法とはずばり他行と比較するということになりますが、そこに一工夫加えることになります。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

大垣共立銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず、大垣共立銀行の住宅ローン金利を確認しておきましょう。

大垣共立銀行には、上記のとおり、「段階的に引下げ幅が変更となるパターン」「お借入れ期間中ず~っと引下げ幅がかわらないパターン」「お借入れ中ず~っと金利が変わらないパターン」の3つのプランがあります。

また、ローンプラザは土日祝日も営業しているのも特徴です。

大垣共立銀行の金利は低いの?他行との比較

大垣共立銀行の金利と他行の金利を比較してみましょう。

例えば、大手の都銀・三菱東京UFJ銀行では、ネット専用住宅ローンの変動金利が0.525%に対して大垣共立銀行は0.625%。固定金利10年は、三菱東京UFJ銀行は0.740%、大垣共立銀行は0.650%(コース2は0.750%)。

条件によって、大垣共立銀行は都銀とあまり変わらない金利設定といえます。

ただ、ネット銀行では、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、条件にもよりますが基本的にネット銀行の方が大垣共立銀行よりかなり低い設定です。

では、大垣共立銀行からネット銀行へ乗り換えた方が、返済額が少なくなってお得!と思いますよね。

でも、実は話はそう簡単ではないのです。なぜなら借り換えには手数料が発生するからです。

その合計額はザックリ計算して50万円。銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

手数料も踏まえ、乗り換えをお得にするには、より低い金利を引き出す必要があります。次にその住宅ローン金利の裏技について紹介します。

より低い金利で契約できる裏ワザとは?

その方法王とは、安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

交渉するには、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

ただ、仕事をしながらいろいろな銀行を回って情報を集めるのは、大変な労力です。

そこで、便利なのが「住宅本舗」です。

住宅本舗」は、ネット上で、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

また、住宅ローン一括審査の特許を取得しているので安心です。

>>住宅ローン一括審査はこちら

大垣共立銀行で借り換えを考えている場合も、ネット系銀行の中でも一番安い銀行と比較することで、交渉先は金利を下げざるを得なくなります。

また、手数料も加味してもそちらの方が安いのであれば、乗り換えるの手です。

いずれにしても損にはならないですし、交渉で0.2%下げることができれば50万円、0.4%なら100万円お得です。是非利用してみてください!

 

大垣共立銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

では、実際に大垣共立銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容はつぎの通りです。

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:大垣共立銀行
  • 借入を始めた時期:2012年
  • 金利は?:0.5% 変動金利
  • 借入額は?:2900万
  • 毎月の返済額について:52000円

35年ローンがこんなに大変とは…

固定のフラットにするか当初非常に迷いましたが、不景気ももう少し続くのではと思い変動金利にて借りました。

そもそもマンションを購入する際、中古住宅と天秤にかけており、正直30代後半でしたので、35年のローンが意味するローンの返済の大変さは、ここまで大変だとは思いませんでした。

というのも賃金上昇をよくニュースで目にしますが、営業成績で左右される仕事についており、個人もそうですが、店やチーム全体が悪くどうしようもない状況が続くなかで働いておりましたので、順序よく給料が上がると言うことがなくなり、返済が非常に厳しくなりました。

子供も多くなり、共働きも出来ない状況で、サラリーマンの社会の中でも格差に悩みながらの返済は途中で諦めようか、思いながら購入当初を思いながら踏ん張っております。

金額と年数は非常に重要

唯一救われている状況とすれば、日銀の金融政策くらいでしょうか。これで昔のように金利まで上がってきたらどうしましょう。

あと30年くらいは金利引き上げ見送りしてもらえないかと祈るばかりです。

大きな買い物でしたが、何千万も借りるということは、少なくともリスクを買うのと同じで、物も自分のものになる頃には建て替えになるのでしょう。

もしくは自分が生きているかどうかもわからないほどの年数です。

35年は長い。でも借家も同じとよく言いますが、今となってみれば中古住宅でもよかったかなと、金額と年数は非常に重要で、働くことにもリスクと変化があることを、よくよく考えておくべきと今は痛切に感じています。

住宅ローンを借り換えする際の悩み・疑問

借り換えの場合、何故お得になるのかが非常に疑問です。

しかし、安くなるのなら、もしくはポイント換算で得になるのであれば、借り換えを検討したいのですが、現在変動金利で元本支払いを徐々に出来ているようなので、日銀のマイナス金利が終わる頃に再度借り換え検討したいと考えます。

世の中でいうところの借り換えが、携帯電話の会社を変える、いわゆる乗り換え得は存在するのでしょうか?

何処にポイントをおくかが難しい。

出来れば解りやすくして欲しいと思います。

この方への住宅ローンアドバイス

変動金利で0.5%はとても安い金利ですね。

今のうちにできるだけ貯金をして、繰り上げ返済でこつこつ返済することをオススメします。

なぜ借り換えがお得になるのかがわからない、という疑問ですが、

お得の考え方として、
「もしこのままの金利であなたが30年返済を続けていったら、〇〇万円の利息を支払うことになります。」

「でも借り換えをすると、金利が下がるので、30年返済しても◇万円の利息を払うだけでいいんです。」

「結果として××万円のお得になります。」
という時間軸を基準にしたお得ということになります。

本来払うべき利息が払わなくてよくなるのならば、それはお得、という考え方により
住宅ローンの借り換えはお得になるわけなんです。

借り換えにも金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

新規でローンを組むにしてもローン借り換えるにしても、他行比較をしてみないと始まりません。そのために住宅ローン審査をしてみることをお勧めします。

大垣共立銀行で借り換えを検討するのしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。