1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫千葉銀行の固定金利での住宅ローン~ボーナス払いはオススメしません

千葉銀行の固定金利での住宅ローン~ボーナス払いはオススメしません

住宅ローンを組むにあたっては、どの金融機関で借りるかに始まって、固定金利にするか変動金利にするか、返済期間は何年にするか、ボーナス払いを組み込むか、など決めなくてはいけないことがたくさん発生します。

そして、決めるにあたっては、ローンも組む時点での経済状況や社会情勢だけでなく、ある程度先のことも考えることが大切です。

このサイトでは、千葉銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談を紹介しながら、どうすれば住宅ローンの低い金利を銀行から引き出せるのかについて、交渉術を紹介していきます!

その方法とは、ずばり他行と比較するということですが、まずは、千葉銀行の金利を確認するところから始めましょう。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

千葉銀行の住宅ローン金利(2020年9月時点)

千葉銀行の住宅ローン金利は次のとおりです。

【プラン1 選べる住宅ローン金利割引プラン】

・全期間割引プラン

・当初期間割引プラン

【プラン2 全期間固定金利の安心プラン】

【プラン3 「ちばぎん無担保住宅ローン」金利割引プラン】

ちばぎんには、上記のとおり、大きくわけて3つのプランが用意されています。

その他、フラット35の扱いもあります。

千葉銀行の金利を他の銀行と比較すると…

千葉銀行の住宅ローン金利を他の銀行と比較してみましょう。

同じ地方銀行の横浜銀行と比べてみると、横浜銀行は、変動金利の固定型で0.6%。千葉銀行は0.725%。

固定金利10年型は、横浜銀行は0.825%、千葉銀行は1.10%ですから、条件にもよりますが、千葉銀行の住宅ローンは他の地方銀行に比べるとやや高めのようです。

さらに、ネット銀行と比較すると、住信SBIネット銀行の変動金利は0.41%ですから、その差はさらに広がります。

金利の差は、そのまま返済金額に差になります。

例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

だったら金利が低い銀行に乗り換えたらいいのでは?と思いますが、借り換えには手数料が発生するため、それも踏まえて検討する必要があります。

では、手数料を払ってもお得に借り換えできる方法はあるのでしょうか?

千葉銀行で住宅ローン金利を有利にする交渉術とは

手数料を払ってもお得に乗り換えをするには、より低い金利を銀行から引き出すことが必要です。

銀行と金利交渉はできない、と思っている方もいるようですが、実は交渉は可能です。

ただ、「金利を下げてください」とお願いしても交渉にはなりません。

交渉するには、そして交渉を有利に進めるには、他の銀行の情報が必要です。

例えば、車を買う場合、いくつかのディーラーを回って見積もりを取り、価格交渉をしますよね。それと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。

他の銀行の情報を提示して、現在の銀行に乗り換えの相談する事で、交渉先の銀行にいまより低い金利を引き出させることができるのです。

ただ、仕事をしていたら、日中、いくつかの銀行を回って情報を集めるのは時間が難しいですよね。

そこでおすすめなのが、住宅ローン一括審査ができるツール「住宅本舗」です。

>先に住宅ローン一括審査をしてみる

簡単にできる!住宅ローン金利の裏ワザ

住宅本舗」は、インターネット上で基本情報を入力するだけで、最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

ですから、銀行を回ることなく、いくつもの銀行の金利や審査結果を収集することができ、その情報が交渉に役立ちます。

いうまでもなく、交渉するのであれば、色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。さらに、仮でもいいので審査が通っていると、さらに交渉を有利に進めることができます。

住宅ローン審査の結果を6社分出せば、乗り換えに対する本気度も銀行に伝わり、交渉相手の銀行も金利を引き下げせざるをえなくなるでしょう。

>>住宅ローン一括審査はこちら

千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談

実際に千葉銀行で住宅ローンを組んでいる人の体験談を紹介しましょう。

住宅ローンの内容

住宅ローンの内容はつぎの通りです

  • 住宅ローンを組んでいる銀行:千葉銀行
  • 借入を始めた時期:2000年9月
  • 金利は?:固定金利 2.26%
  • 毎月の返済額について:70,000円 ボーナス時15万(年2回)

ボーナス払いは組まない方がいい!

一番言いたいことは、ボーナス払いは、いろいろなことがありますが、なるべくなら組まないほうがいいです。

私は健康ではなくなったので会社を辞めて家でできる仕事に切り替えましたが、ボーナスがないのでボーナス時の返済が正直きついです。

借り換えを予定していたけれど…

また、住宅ローンを組んだ当時は一日も早く返したいと思ったので、22年での返済としたので、仕事を辞める時点での残高も1000万円を切っていたので、借り換えも視野にいれていました。

でも、ローンを組んだ時は元気でしたが、仕事を辞めるときは、障害者年金を受ける状態でしたので、組み換えの際に新たに団信に入ることは、無理なのではないかと考えて、現在のところ借り換えについては考えていません。

また、借りた銀行での組み換えというのもあるので、本当に苦しくなる前に相談したいと思っています。

もっとゆとりのある返済方法にすればよかった

テレビのCMなどで、貯金があるとその分繰り上げ返済と同じ効果があるとか、借り換えをして月々の支払いが楽になったというニュースを聞きますが、健康で働いていてこその人のプランだと思います。

定期的な収入は障害者年金がありますが、年金も将来的に考えて減額などということもあって難しいです。

頑張って早く返したいとボーナス併用を考えるのなら、25年か30年にして、もう少しゆとりある(支払う利子額は大きくなりますが)返済方法にすればよかった、と今は、思っています。

買った当時は、ここまで不況が深刻化するとも思わなかったことと、消費税がこんなに上がるとは思わなかったので、こういう視点から考えてもボーナス併用は避けたほうが良かったと思いました。

最安値の金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

上で紹介した方の場合、健康状態が悪化してしまったこと、経済状況の変化など、住宅ローンを組む時点では考えもしなかった事態がいくつも起こってしまい、現在、とてもご苦労されている様子がわかります。

先のことは誰にもわかりませんが、やはり、無理のないゆとりのある返済計画をたてることは重要!

そして、借りる時点で、いろいろな銀行と比較してみることも大切です。

この方の場合、借り換えが可能かはわかりませんが、きっとダメだろうと諦めず、まずは、下記のサイトを利用して、交渉してみてはいかがでしょうか。

もし、他の銀行で借り換えの可能性があれば、今借りている千葉銀行との交渉も有利に進められます。通常の方法よりも必ずお得になりますので、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。