1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫群馬銀行の住宅ローンで金利を下げる交渉をするための方法

群馬銀行の住宅ローンで金利を下げる交渉をするための方法

現在、住宅ローンを群馬銀行で借りている方や、これから住宅ローンを検討している方など、様々いらっしゃると思いますが、『住宅ローン』と聞いて、難しいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか?

色々な書類や聞きなれない単語も多く混乱しがちですが、最も重要な金利については低い方が良いのは、何となくでも理解されている方が大半だと思います。

この記事では、どうすれば住宅ローンの低い金利を銀行から引き出せるのかについて、交渉術を紹介していきます!

その交渉術とは、【他の銀行と比較する】ことなのですが…まずは、群馬銀行の現在の金利について確認していきましょう!

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

群馬銀行の住宅ローン金利(2020年9月現在)

群馬銀行では、主に以下の2つのコースを選ぶことができます。

<固定金利のみコース>

 

<変動金利選択可能コース>

この2つのコースは、金利の引き下げ率と期間が異なります。どちらが良いか、顧客に寄りそう姿勢に好感が持てますね。

2020年9月時点での最下限金利は以下の通りです。

  • 変動金利 ・・・ 0.775%
  • 3年固定 ・・・ 0.85%
  • 5年固定 ・・・ 0.90%
  • 7年固定 ・・・ 1.05%
  • 10年固定 ・・・ 1.15%
  • 15年固定 ・・・ 1.40%
  • 20年固定 ・・・ 1.55%

※上記は、保証料一括前払方式を選択した場合の金利です。

他行との住宅ローン金利比較

ご紹介した群馬銀行の金利は毎月変わる店頭金利によって決まっています。更に、他の銀行とも違う為、比較が難しいと感じる方も多いでしょう。実際、条件にもよりますが、ネット系銀行の金利は、群馬銀行の金利より かなり低いです。

金利を比較して、0.1%違いがあると具体的に何が変わるのかというと、支払総額が違ってきます。仮に、2000万円借り入れがある場合に、金利が0.1%変わると約25万円も支払う総額が変わってきます。0.4%違えば100万円です。これは無視できませんよね。

では、金利は少しでも低い銀行に乗り換えた方がお得という事になりますが、そこには見落としがちな手数料という落とし穴があるのです。

住宅ローンを新規に借り入れる場合に必要な書類の制作や、銀行への保証料、住宅ローンの解除にかかる事務手数料や金銭消費貸借約定書の印紙代など、ざっと見積もって50万円程度…銀行によっては それ以上かかる場合もあります。

では、どうしたら良いのでしょうか?ここで重要なのが【他の銀行と比較すること】です。

住宅ローンの借り換え交渉術とは?

【他の銀行と比較する】というのは、金利交渉に必要な情報をもって銀行側で競わせるという事です。それを可能にするのは、今の銀行より低い金利の銀行の情報を集めるという事です。

金利が低い銀行の情報を集める為に、銀行に出向き住宅ローン担当と話し、現在の住宅ローンについて情報を伝えて審査を待つという、なんとも手間がかかりそうで、考えただけでも気が滅入ってしまいますね。

では、この様な面倒を避けつつ多くの情報を集める為には、一体どうしたら良いのでしょうか?

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

最下限の金利を比較できる一括審査サイトがオススメ!

銀行に行かず、住宅ローンの審査を行える住宅ローン一括審査ができる便利なサイトがあるんです!

最大6社もの銀行の住宅ローン一括審査が行える特許を日本で唯一取得している「住宅本舗」なら、家に居ながら基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、住宅ローン金利の見積りを得ることができるのです。

>>住宅ローン一括審査をしてみる

これなら金利の低い銀行の情報を簡単に集める事が出来ます。あとは、この情報をもって現在 借り入れている銀行へ行って金利交渉をしましょう。乗り換えに対する本気度が銀行側に伝わることで、最下限金利を引き出しやすくなりますよ。

この記事を参考にして、皆さんの金利交渉が上手くいくことができるよう祈っております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。