1. ホーム
  2. みんなの借り換え体験談
  3. ≫住宅金融支援機構 0.86% 固定金利

住宅金融支援機構 0.86% 固定金利

12 12

住宅ローンを組んでいる銀行:住宅金融支援機構

借入を始めた時期:2015年5月

金利は?:0.86%

借入額は?:3500万円

毎月の返済額について:11万5千円

住宅ローンを組んだ感想

2015年5月に新築の建売物件を購入しました。それに伴い、35年の住宅ローンを組みました。
住宅ローンを組む際に、どの金融機関に、どの商品を選ぼうか、真っ白な状態から始めました。とりあえず、勉強するためにも、大手金融機関のローン相談に出かけ、シミュレーションをしてもらいました。あとは、変動金利で組むのがよいのかなと、なんとなく思いながら、金利の低いネット銀行から資料を取り寄せました。
決め手になるものが、金利しか思いつかず、ネット銀行へ審査をお願いしました。そしたら、団信の審査で、脂肪肝について再検査の資料を提出するように要求され、少し焦りました。団信に加入できないとローンが組めない、どうしよう。。と。
調べてみたら、住宅金融支援機構のフラット35なら、団信加入は任意だと知りました。
また、よく見てみたら、フラット35Sの金利は2015年5月時点で1・460%(返済期間が21年以上35年以下、融資率が9割以下)、当初10年間は年0.6%引き下げでしたので、固定金利なのにかなり低いのでは?変動金利とあまり変わらないのでは?と思いました。先のことはまったくわかりませんが、変動金利については、これ以上は下がらないだろう、底だろうと考え、フラット35Sの審査もお願いしました。
結果、ネット銀行、フラット35S、どちらの審査も通りましたが、固定金利に決めました。もちろん団信にも加入しました。
毎月の返済金額が決まっているため、将来の返済計画が立てやすいですし、いろいろ考えるのが面倒な私の性格にも合っていると思います。

住宅ローンの借り換えで一般には公開されていない非公開の金利を引き出すために
必要な書類を紹介しているのでコチラの記事を読んでください

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

12 12

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。