1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫三井住友銀行の住宅ローン,最安値の金利を引き出すためのおすすめポイント

三井住友銀行の住宅ローン,最安値の金利を引き出すためのおすすめポイント

12 12

三井住友銀行の住宅ローンおすすめポイント

三井住友銀行の住宅ローンおススメポイントは、やはり都市銀行という安心感でしょうか。
最近は店舗が無い、インターネット銀行もありますが、
「何か困った」、「相談したい」などすぐに何とかしたい場合は、
店舗に行けば対応してもらえるという”対応力”と”安心感”があります。

新規で住宅ローンを組まれる方にも、
住宅ローンの借り換えを検討されている方にもオススメです。

三井住友銀行の金利プランについて

金利のお勧めとしては、当初固定金利特約期間(5年・10年)は、
ほかの都市銀行に比べても低いことが多いので、プランによってはかなりお得になると思います。

また、クロスサポートや8大疾病などに対応したオプション(無料ではありません)は、検討のひとつにはなるでしょう。
クロスサポートプランとは

クロスサポートプランとは、ふたりでいっしょに住宅ローンを組むプランで、
通常1つの家に対して住宅ローンを2人分組むときは別々の契約をするのですが、
クロスサポートプランは、二人同時に契約することができます。

これによりもし、どちらかに万が一のことがあった場合に住宅ローンが免除されるという
保証プランです。
ふたりで住宅ローンを組もうとしているならとてもオススメですよね。

三井住友銀行の住宅ローン金利プランには以下があります。

●最後までずーっと引き下げプラン
「変動金利型」「固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)」のどちらの場合でも、借入期間中は、選択時点での店頭金利より年-1.6%~最大年-1.85%となるプランです。このプランは他の都市銀行にくらべかなり金利が低くなっています。

●最初にぐぐっと引き下げプラン
当初固定金利特約期間は、「固定金利特約型(5年・10年)」の店頭金利より年-2.2%とし、固定金利特約期間経過後は「変動金利型」「固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)」のどちらの場合でも借入期間中は、最後まで、選択時点の店頭金利より年-1.4%となるプランです。

●超長期固定金利型
将来金利が変化した場合も金利はかわらないプランです。

●ミックスプラン
金利タイプを「変動金利型」「固定金利特約型」「超長期固定金利型」を組み合わせるプランです。それぞれのタイプのメリットをバランスよく取り入れられます。

また、ご夫婦のどちらに万一のことがあった場合に、住宅ローン残高0円になる「連生団体信用生命保険付住宅ローン(クロスサポート)」や
8大疾病(ガン※上皮内ガンを除く、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)と診断され所定の条件を満たした場合に住宅ローン残高0円になる「8大疾病保障付住宅ローン」、自然災害に一部返済を免除できる「自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン」などがオプションとしてあります。これらは、それぞれに条件があります、また無料オプションでは無いので、毎月の支払額がアップすることになります。よく相談してから決めましょう。

どのプランが自分に合っているかどうかはやはり、銀行窓口でじっくりと相談されることをお勧めします。
住宅ローンは、借りる金額が多いので、少し金利が下がるでも最終的にはかなりお得になる可能性があります。

審査の申込は、店頭またはインターネットからできます。
まずは、住宅ローンシュミレーションで確認して、かんたん審査で申込をするとスムーズに手続きができるようです。

三井住友銀行の住宅ローンその他おすすめポイントとして
・一部繰上返済手数料無料
※インターネットバンキングを利用した場合のみ、繰上返済時の手数料が無料になります。

・ATM手数料・本支店宛振込手数料無料
※SMBCポイントパックを契約し、かつ「当月末」に借入残高がある場合は、翌々月の各種手数料が無料になります。
ATM手数料(月4回まで)、ATM時間外手数料、三井住友銀行本支店宛振込手数料が無料になります。

・住宅ローンの毎月末の残高に応じてポイントを獲得できます
※貯まったポイントは、円定期預金の金利上乗せに利用できます。

どうやって最安値の金利を引き出すのか?

住宅ローンには、【公開金利】と【非公開金利】があるってご存知でした?

【公開金利】とは、ホームページなどに載っている
みんなに公開している金利のことです。

一方、
【非公開金利】とは、みんなに公開していない
公開金利より安い特別な金利のことです。

今回はこの非公開金利を引き出すポイントを教えます。
これをすれば、通常ではできない非公開金利で住宅ローンを契約することができますから、
借り換えの方も、新しく住宅ローンを組まれる方も必見です。

なぜ非公開金利というのがあるのだろうか…?

「なぜ」から考えていきましょう!

非公開金利がなぜあるのかというと、
来るべき決戦に備えるため、です。

上場企業に勤める方は非公開金利プランになる場合が多いです。
これは上場企業という安定した企業に勤めているからという理由です。

12 12

さらに上場企業に勤める方はどこでも住宅ローンを組めるわけですから、
他の銀行と比較する場合が多いです。

その時に他の銀行にお客さんを盗られないために【非公開金利】を用意して
対抗できるようにしています。

これが非公開金利が用意されている理由です。

では上場企業の人しか使えないの?というと
そうではありません。
上場企業に勤めているからと言って、【非公開金利】でない場合もありますし、
非公開金利だからといって【最安値の金利】でない場合もあります。

どうすれば【非公開金利】で【最安値の金利】になるのでしょうか???

【非公開金利】で【最安値の金利】を引き出すポイント

先ほど、住宅ローンを他の銀行と比較する場合が多いと言いました。
ここがポイントです。

住宅ローンを1つの銀行で選ぶのではなく、
いくつかの銀行と比較するのです。

いくつかの銀行を競わせることで、
【非公開金利】の中でも、【最安値の金利】を引き出すことができるようになります。

ただどの銀行も高い金利を提示してきた場合は
【最安値の金利】は残念ながらなりません。

絶対に最安値の金利で契約する方法

ズバリ、比較の対象に【ネット系銀行】を利用することです。

ネット系銀行のメリットは、店舗がない分金利が安いと思われていますが、
実は店舗がある三井住友銀行などでも金利は同じくらい安くすることができます。

違いは、【最初から安い金利が表示されているか否か】という点です。

ネット系銀行は最初から安い金利がホームページなどに載っています。
でも、普通の銀行はちょっと高めの金利が出ています。

ネット系銀行は誰もが非公開金利で借りられるようなものです。
でも不安な要素は店舗がなかったり、相談が難しかったりとあります。

だから比較対象のためだけに利用します。

住宅ローンの一括審査サイトを利用して審査結果を持っていく


▲このサイトでは複数のネット系銀行の見積もりを一回で入手できます▲

このような住宅ローンの一括審査サイトを利用して複数のネット系銀行の見積もりを入手し、
その見積りを持って、銀行へ行き他でも考えているのですが、
「金利はもうちょっとなんとかなりませんか?」と
聞いてみてください。

最安値の非公開金利で住宅ローンが契約できるはずです。
住宅ローンの借り換え審査

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。