1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンの組み換えをしてよかった。理由は返済額が全然違うから

住宅ローンの組み換えをしてよかった。理由は返済額が全然違うから

12 12

 財閥系の不動産会社が開発した物件で気に入ったものがあり、内覧に行きました。その際、住宅ローンは住宅金融公庫利用は当然として、財閥系の都市銀行に口座を開設することが条件でした。
 仮申し込みをして、住宅ローンの審査をしてもらいますが、年収や勤務年数、勤務先の他に、勤務先での住宅財形が優遇されて一週間も経過せずに、審査に通りました。住宅ローンといいながら、こんなにも簡単なのかと拍子抜けしましたが、要は信用をいかほど積み上げているかがポイントでした。
 住宅ローンを組んだ当初、固定金利、変動金利の区別がわかりませんでした。なにしろ、夢のマイホームを取得できることの方が先にたち、目先の事しかみえていなかったのです。10年後、15年後のことなど、随分と先の話と思っていたこともあります。
 しかしながら、10年ほど経過した頃、近所の金融機関が住宅ローンの借り換えについて案内パンフレットを配布していました。住宅ローンの借り換えなど、面倒くさいという意識が先にたち、気にも留めなかったのですが、さすがに金利の変動が返済に大きく影響してくることがわかり、考えを改めました。
 そこで、いったい、どのような形で住宅ローンの借り換えが可能なのかを相談してみました。
 すると、親切丁寧に、住宅ローンの組み換え費用(登記簿作成費用など)を金融機関が負担するキャンペーンがあるなど、仕組みが便利になっていることを知りました。もともとの元金が大きいだけに、わずかな金利差だけでも、その差は大きいです。
 さらに、住宅ローン金利も、過去の支払い遅延が一度もないことから、安くなる方法を検討してくれました。
 また、担当の方が具体的な住宅ローンの返済シミュレーションを作成してくれたのも、随分と安心できる材料でした。
 案ずるより産むが易しで、金融機関の指導に従って組み換えを実行しましたが、意外にも簡単な事に驚いたものでした。この住宅ローンの組み換え時、固定金利と変動金利の比率については、金融機関のアドバイスに従って組みましたが、それも後々、良い結果を産みました。
 金融機関としても、近所の風評もあるので、下手な住宅ローンの推奨もできませんので。
 当初、新規購入の際は住宅ローンの仕組み、固定、変動金利などの区別もつきませんが、10年をひとつの単位として住宅ローンは検討すべきであると痛感した次第でした。
 結果として、住宅ローンの組み換えをして良かったという結論に達しました。
 

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

12 12

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。