1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫団体信用生命保険が充実していることが借り換えを決めた理由

団体信用生命保険が充実していることが借り換えを決めた理由

12 12

私の場合は、主人が7つ年上ということもあり、住宅ローンを組んだ時には、私はまだ23歳でした。住宅ローンなど、まったくわからず、周りの友達に相談するという訳にもいかず、住宅メーカーの営業マンに、任せっきりといった感じでした。主人も、自分から動いてくれるタイプでもなく、営業マンに、すすめられるまま、話はすすんでいきました。基礎知識も、ほぼ無い状態だったので、できることと言えば、ネットで金利を比較したり、ネット上で転がっている、嘘か本当か、さだかでない情報をもとに、考えていくことぐらいでした。当時、営業マンがすすめてきた銀行の、変動金利で組んで様子を見ようという方向で話はすすんでいました。今から8年程前のことですが、今同様、景気は悪く、住宅ローンの金利は、かなり低いものでした。
その中でも、その銀行はダントツで低金利で、なおかつ変動金利で、考えていたため、他の銀行と比較しても、安いことは、一目瞭然でした。でも、長く続く住宅ローンですので、先のことを、考えて、変動金利で大丈夫なのか?やっぱり、少し高くても、固定金利にした方がいいのではないか?と、まず、そこで悩みました。
でも、当時は景気は回復しそうになく、まだまだ、低金利は続きそうだし、回復する時には急に上がる訳でも無いと、営業マンに言われ、共働きで、ガッツリ収入があったこともあり、とりあえず、変動金利で契約して、今後上がっていくようなら、早い段階で固定に切り替えるという考えでまとまりました。当時で、1.078パーセントと、かなり低い金利で、何年か返済していきました。
その間も、たまにサイトで他の銀行の金利などもチェックしていました。そして、何年か返済していた頃、ニュースなどで、アベノミクスという、言葉をよく耳にするようになり、変動金利で大丈夫かな?と不安に思っていました。本当に景気は回復するのか?このまま、住宅ローンの金利がどんどん上がってしまっては、大変だと、思い、同じ銀行で固定に切り替えることを考えました。しかし、その銀行は、変動金利は他の銀行に比べて、ズバ抜けて、安いのに対し、固定金利は他の銀行よりも少し高めの金利でした。固定に変えるなら、思い切って借り換えも視野に入れて、色々な銀行を探しました。
借り換え手数料を、考えると、なかなかもったいない気もするのですが、長い目でみて、また固定に切り替えると言う意味で、すこし安心したかったこともあり、近くの地方銀行の5年固定に切り替えることにしました。その際、もちろん、月々の支払額が上がってしまうことは、デメリットでしたが、団体生命信用保険のプランが、前の銀行よりも、充実していることは、大きな決め手となりました。

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

12 12

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。