1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンの借り換えを検討したけど、辞めた理由

住宅ローンの借り換えを検討したけど、辞めた理由

12 12

子供ができてアパート暮らしだと窮屈になり、
毎月のアパートの家賃の支払いが勿体無いと感じ、家を買うことを決意しました。

旦那の稼ぎも多くは無いので自分達に住宅ローンが組めるのか、とても不安になりました。
私自身、子供ができて仕事を辞めてしまったので、この先何十年も払い続ける事が出きるのかも心配でしたが、
他にローンが無かったので審査はすぐに通り一安心しました。

住宅ローンの金融機関はいくつかあり、金利も特色もそれぞれ違ったので迷いましたが、
住宅ローンを契約した友人に話を聞いたり、
ハウスメーカーの担当者が、契約時に金利が安く私たちにあったものをお勧めしてくれたので、

その金融機関の住宅ローンに決めました。

住宅ローンを契約する際は、その契約時の金利になるので、変動が激しくドキドキしました。
これから何十年も返済できるのかまた不安になりましたが、
書類を一枚一枚丁寧に説明して下さり、契約時の金利を計算して、
月々の返済額を明確に提示して下さったので不安が無くなり、
毎月アパートに支払っていた家賃とそれ程変わらなかったので安心しました。

12 12

これから頑張って返済しよう!と改めて思いました。

今は子供がまだ小さいので、働かず子供との時間を大切にして、
働けるようになったら前職に復帰して旦那と二馬力で月々の返済額を増やして、予定より早く返済する予定です。
今は低金利でとても金利が安いので、正直借り換えも考えましたが事務手数料もかかってしまうのと、
借り換えをしてもそんなにいまの支払額と変わらないとハウスメーカーの担当者に伺ったので、借り換えをするのを辞めました。

ネットバンクだと安い金融会社もあるみたいですが書類を揃える手間もあるようで断念しました。

金利は常に変動するので家が建ってから契約時の金利が適用されます。
私達の時は家を建てる前、金利が安かったので住宅ローンの契約時、
金利が上がらないように祈るばかりでしたが金利が少し上がってのいたので運もあるのかなと思いました。
家を買うのは一生分の買い物をする気分でしたが、
毎月のアパートの家賃を払い続ける金額と同じくらいで住宅ローンをくめたので一歩踏み出せて本当に良かったと感じました。

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。