1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローン、全期間固定金利で借り換え、今の金利は安い

住宅ローン、全期間固定金利で借り換え、今の金利は安い

12 12

子供の頃から「住宅ローン」という言葉は耳にしていましたが、いざ自分達が組むとなると分からない事だらけでした。
漠然と「金利が安い」金融機関で組むのがいいと考え、まずインターネットで調べてみました。すると金利以外にも「頭金」や「事務手数料・保証料」などの「諸経費」、「疾病保険はつけるのか」「ボーナス時の支払はどうするのか」など考えなくてはならない事柄が多く驚きました

まず住宅ローンシミュレーションをやる前に「固定金利」と「変動金利」、どちらにするのかを考えなくはなりません。
共働きではない私達夫婦の場合、世の中の経済状況や自分達のライフスタイルがどのように悪化・変化しても対応できるように安心の「ボーナス払いなし」の「全期間固定金利」を選択する事にいたしました。

全期間固定金利の場合、「フラット35」の金利が一見するととても魅力的に感じました。でも調べてみると基本的に「団体信用生命保険料」を自分達で負担しなくてはならず、その金額が35年ともなると高額になりました。他にも「繰り上げ返済」は返済する1か月前までに金融機関に予め申し出なくてはならず、金額も100万円以上からという事で不便に感じました。
住宅ローンは「こまめに少額でも繰り上げ返済を気軽にしたい」と考えている自分達には合わないと感じ、その時点で選択支から外れました。

次に団信以外に様々な「疾病保険」をつけると、基本的に金利が少し高くなるので検討対象から外しました。
「金利の安さ」「一部繰り上げ返済手数料1円から無料」「繰り上げ返済のしやすさ(ネットでできるなど)」の条件で金融機関を比較しHPから実際にシミュレーションを行いました。
シミュレーションによって「必要諸経費の合計金額」も出るので、それを含めて一番お得な金融機関に住宅ローンを申し込みました。

約3年前に35年全期間固定で金利1.9%で組み、今年に入りマイナス金利で住宅ローン金利が下がっていると話題になっていた4月下旬に借り換えを検討し始めました。
5月実行融資で30年固定金利1.09%の金融機関を見つけ、GWもあり審査に時間がかかる事を考え仮審査を申し込みませんでした。初めから最寄りの支店に電話をして5月上旬に必要書類を直接持参し本審査を申し込み、5月下旬に借り換えを実行しました。現在、我が家の住宅ローンは30年全期間固定金利で1.09%です。

初めて住宅ローンを組む時や、借り換える時は金額も大きいので恐らく皆同じように疑問や不安な事だらけです。
遠慮せずに、各金融機関で設けている住宅ローンに関しての質問を受け付けているコールセンターに電話やメールをして、一つずつ疑問に思う点をクリアにしていくことが大切だと思います。

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

12 12

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。