1. ホーム
  2. 住宅ローン必要書類【金利を最大限に下げるのに欠かせない書類】
  3. ≫必見!住宅ローンの借り換えで金利を最大限に下げる必要書類の具体的入手方法

必見!住宅ローンの借り換えで金利を最大限に下げる必要書類の具体的入手方法

12 12

当サイト試算によると、
2000万円の残金が住宅ローンで残っていたとして25年で返済したとすると、
一般的に公開されている金利1.0%だと、   総返済額は23,158,045円(2315万円)
これが非公開の金利0.9%として0.1%下がると 総返済額は22,828,806円(2282万円)
さらに低い非公開の金利0.8%があるとすると、総返済額は22,502,541円(2250万円)

つまり金利が0.1%下がることにより、30万円ほどの得をする計算になります!!

この記事を最後まで読むことで、非公開の金利を引き出す方法+借り換えではない方法による金利の引き下げにより

30万円+諸費用分(50万円ほど)がお得になる計算です!

是非最後まで読み、実践されることをオススメします。

別の記事で、
金利を最大限に下げる必要書類は、

【他の銀行の金利がわかるもの】

と書きました。

家電製品を買うときのように
いろんな銀行を対抗させることで、
一般には公開されていない金利で住宅ローンの借り換えをすることができるというワケです。

今回はその必要書類の具体的入手方法を記載していきます。

住宅ローンの借り換えで金利を最大限に下げるための書類の準備

3つも銀行に行くのはとてもメンドくさいです。
営業時間は9時~15時なので
仕事をしている人だとなかなか

銀行に出向き、住宅ローンの金利を聞くのは難しいです。
そこで!

ネット系銀行を利用します。

ネット系銀行であれば、営業時間にこだわらず
自分の好きな時間に、住宅ローンの金利の見積もりをとることが可能です。

さらに入力の手間を省くために、

複数の金融機関の見積もりを一括で取ることのできるサービス
住宅ローンの借り換え 住宅本舗

こちらの住宅本舗というサービスを利用します。

この住宅本舗では、複数の金融機関の金利を一度の入力で見積りすることができます。

(住宅ローンの一番のめんどくささは金利を比べる時の、複数の金融機関への入力です)

 

この1度の入力で、ネット系銀行の金利を見積もることができます。

今だとクオカード3000円分プレゼントしているみたいですね。

▲公式サイトへはコチラをクリック▲

住宅ローン 借り換え申込み方法

それでは入力に進んでいきましょう。

画面右側にある、「一括審査申込み」をクリックし

12 12

今の住宅ローンの契約内容を入力していってください。

 

よくある疑問 Q&A

Q:お借入れ希望額とは?

A:お借入れ希望金額とは、借入をしたい希望金額ということですが、

具体的には、残りの住宅ローンの残高にプラス50万円(諸費用分)しておけば、間違いないでしょう。

Q:  と

A:通常は、毎月5万円などがずっと続く元利均等返済というプランを選択されています。

元利均等返済では、利子と元金を決めた金額、5万円ならずっと5万円返済していく方法。

元金均等返済は、元金の5万円プラス利子というようになっており、返済をしていくにあたり

利子が少なくなるため、毎月の返済金額が徐々に減っていくというプランです。

 

 

最後に

事前審査では見積りを出すだけなので、

だいたいの金額、だいたいの期間でも大丈夫です。

正式にネット系銀行で申込みをするということになった場合に

再度、正確な金額、期間を担当者と話し合い決めることができるので

心配する必要はありません。

 

金利を最大限に下げるためにぜひ一度チャレンジしてみてください

住宅ローンの借り換え

 

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。