1. ホーム
  2. 住宅ローン必要書類【金利を最大限に下げるのに欠かせない書類】
  3. ≫住宅ローン必要書類は?金利を最大限に下げる持ち物を紹介

住宅ローン必要書類は?金利を最大限に下げる持ち物を紹介

いつも住宅ローン借り換えの123ステップをご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは、どうすれば住宅ローンの金利を安く契約することができるのか
アドバイスをするサイトです。

当サイト試算によると、
2000万円の残金が住宅ローンで残っていたとして25年で返済したとすると、
一般的に公開されている金利1.0%だと、   総返済額は23,158,045円(2315万円)
これが非公開の金利0.9%として0.1%下がると 総返済額は22,828,806円(2282万円)
さらに低い非公開の金利0.8%があるとすると、総返済額は22,502,541円(2250万円)

つまり金利が0.1%下がることにより、30万円ほどの得をする計算になります!!
この記事を最後まで読むことで、非公開の金利を引き出す方法+借り換えではない方法による金利の引き下げにより
30万円+諸費用分(50万円ほど)がお得になる計算です!

是非最後まで読み、実践されることをオススメします。

万が一当サイトで満足できない、疑問点などありましたら
無料の住宅ローンの相談窓口をご用意しておりますので、
ご活用ください。
個別に質問も対応させていただきます。
今回の記事は2分程度で読み終わります。

さて今回は住宅ローンを組む際に必要な書類
ですが、
一般的には源泉徴収、印鑑、運転免許証などの身分証を持っていけば
事前審査は受けることが可能です。

ですが、
金利を下げる必要書類となりますと
別に必要になります。
今回はそんな【金利を最大限に下げる住宅ローンの必要書類】をご紹介します。

住宅ローンの必要書類で金利を最大限に下げるためのモノはなに??

住宅ローンの金利はどのように決まるのか?

まずは住宅ローンの金利がどのように決まるのかを解説しますね。

住宅ローンの金利は一般に、
勤続年数、勤務先、年収、借入金額、借入年数で決まると言われています。
勤続年数が長ければ、その人は安定して職に就ける人と見ることができるため金利が安くなります。
勤務先は、上場している会社であれば、倒産するリスクが少ないため、金利は安くなります。
年収が多ければ、返済面で心配が少なくなる
借入金額が少なくなれば、返済できなくなる可能性が少なくなるから金利が安くなる。
借入年数が短いと返せなくなるリスクが少なくなるから金利が安くなる。
このように決まっています。

つまり、どれだけ借りたい人がリスクが少ないか、多いかを見て金利が
決まっています。
ただ・・・・一般には公開できない金利で借りている人
このような条件に当てはまっていなくても、
安い金利で住宅ローンを借りている人がいます。

住宅ローンを組む前に銀行に持くべき必要書類とは?

どのような人が公開できない金利で借りることができるのかというと、
簡単に言うと安くする努力をした人です。
住宅ローンは仕組みが面倒くさい、難しいように見えるため、
皆さん勉強をせず、不動産会社の薦める金融機関で住宅ローンを契約する人が多いです。

でも他の金融機関のが安くなるんじゃないか?とは考えませんでしたか?
安い金利で借りている人は、この他の金融機関と比べるということをしています。
銀行をまわり安い金利を出してくれる銀行を探し、

またその金利を他の銀行に伝えるという
家電製品を買うように金利を値切っているのです。
他の銀行での見積り、シュミュレーションが
金利を安く引き出す必要書類です!

これをすると
一般では公開できないような安い金利で
住宅ローンを組むことができます。
借り換えをするなら今!というように言われていますが、
さらに金利を安くするなら
いろんな金融機関を回る必要があります。
でも面倒くさいですよね?

一気に安い金利を引き出すネット系銀行の活用方法

楽天銀行、ソニー銀行などは総じて金利が安いです。
でも窓口が少ないため
住宅ローンを組むことが難しいという方が多いです。
ですが、金利は安い、
近所にある銀行と比較するにはもってこいなのが

ネット系銀行です。
そこでおすすめするのが、
住宅ローンの事前審査一括申込みサイト

です。

こちらのサイトを活用することで、
2つ以上のネット系銀行での見積りをすることができます。
これをして、
近所にある銀行へもっていけば
一般には公開されていない低い金利で
住宅ローンを組むことができるはずです。
10分程度で入力することができるので、

今から銀行に相談に行こう!と思っている人も
10分を使いこれを持っていけば、安く金利を引き出せますよ!

非公開の金利を引き出せた方の口コミ

A さん
まさか、こんな簡単な方法で金利があと0.2%も下がるなんて思ってもいなかったです。金額的にもさらに80万円ほど下がり、ちょっとしたコツで金利ってこんなに変わるんだなって知ることができてよかったです♪

B さん
できれば同じ銀行で借り換えをしたいと考えていて、探していたところこのサイトに出会いました!金利の下げ方に必要な書類を準備して持って行ったところ、「絶対に他の人には言わないでくださいね!」と言われるほどの金利で契約することができました!

住宅ローンの借り換え

住宅ローンで金利を下げる必要書類のおさらい

・住宅ローンの金利を引き下げるためには、いろんな金融機関と比べるのが大事
・家電製品のように銀行を周り「他の銀行の金利これだ」と提示して交渉をする。
・面倒くさい方は、一括で金利の安いネット系銀行の金利を出せる一括サイトを使って
その書類を持っていく
・一括サイトは2つ以上の金融機関に申込みができるので、他の金融機関を回る必要がない
・ネット系銀行なので金利がそもそも安い
・10分程度で入力できるので、銀行に行く直前でも安心!

住宅ローンの借り換え

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。