1. ホーム
  2. みんなの借り換え体験談
  3. ≫ろうきんで住宅ローンを組んだ私が思うこととアドバイス

ろうきんで住宅ローンを組んだ私が思うこととアドバイス

12 12

住宅ローンを組んでいる銀行:労働金庫 ろうきん

借入を始めた時期:2015年7月

金利は?:1.2% 固定金利

借入額は?:2500万円

毎月の返済額について:8.4万円

住宅ローンを組んだ感想

最近のマイナス金利適用から、資金を増やしたい銀行は住宅ローン者の奪い合いがこれから過熱していくと言われています。(どこかの国では住宅ローンがマイナス金利になっているとか)住宅ローンを組んでいる身としては、変動金利を適用し、その利益にあやかりたいものです。ただ、ここまで銀行都合で金利を上げ下げ可能な点を考えると変動金利も怖いですが。。
この見通しのつかない経済状況で、家を建てると同時に、運試し?のようなローンを組むことに、投資の経験が少ない私からすると家を建てることで頭が一杯だったところから突然そのような話を考えなければならず、少々気おくれしてしまいます。当時私は、とにかく安定したかったので、固定金利を選択しましたが、先に書いた通り、昨今の変動金利の低下と更にそれが加速する勢いがあり、変動金利にしておけばよかったと後悔しております。
住宅ローンの借り換えに関しての不満は、手数料が高いことです。約2%の手数料or10万円程度の手数料+利率+0.2%などなど、結構な出費を必要とします。これらの費用を極力減らすことのできる制度、もしくは銀行による効率化によるコスト削減を実施してほしいです。例えば抵当権の設定等の所謂ルーチン業務の内容を、一度行えばカードに登録され、そのカードさえあれば、どの銀行でも手数料100円で借り換え可能等の施策が実施されると大変うれしいです。家を建築した際の登記申請等、自分で実施しましたがあれが20万円相当の仕事とは到底思えないので、これら業務も非常に低コストで可能かと推測します。将来このような低コスト施策が実施されることを期待します。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

住宅ローンでは、10年間、住宅ローン控除があります。
現在金利が安く、変動金利の良いソニー銀行等へ移行しようと思っていますが、どうも変動金利の良い銀行の多くは元金均等ではなく金利均等限定になるようです。
可能であれば、早く自分のローンを返済したく元金均等で返済したいのですが、住宅ローン控除を考えると、10年までは住宅ローン控除を最大に活かすため元利均等にして、自分のローンを減らさないのも手かなと悩んでいます。
元利均等、元金均等の返済で、住宅ローン控除の額はどの程度差異がでるものなのでしょうか?

この方への住宅ローンアドバイス

そうですね。
諸費用が気になるのが住宅ローンの悪い点だと思います。
低コスト化についてはなかなかならないと思います。

抵当権については、司法書士に依頼をしているので、
司法書士が値段を下げない限りは
そこは変わりません。

また保証料などは、
皆さんのリスクを考えての
費用ですので、
今後ますます安定しない社会に突入すると
保証料もあがるのではないかと思います。

ただそれをしてでも住宅ローンの借り換えはメリットがでるのがポイントです。
借り換えの場合は諸費用を含んだ金額で住宅ローンを組みなおすことが可能なので、

ほとんど初期費用をかけずに借り換えをすることも可能です。

12 12

住宅ローンを同じ銀行で借り換えするのがどんなことよりも一番安くなる?
その秘密はコチラの記事でどうぞ!!

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。