1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ろうきんの固定金利を選んで後悔?借り換えへの不安を解消する方法

ろうきんの固定金利を選んで後悔?借り換えへの不安を解消する方法

家の購入には大きな決心が必要です。

本当に今が買い時なのか、ローンを組んで本当に返済していけるのか、今の金利で借りるのが正解か?疑問や不安は尽きないと思います。

また、ローンを組んだあとも、繰り上げ返済や借り換えのタイミングなど、金利動向を見ながら、ベストな返済方法を考え続けなければなりません。

その判断に大きなウエイトを占めるのは、やはり住宅ローン金利ではないでしょうか。

そこで、このサイトでは、ろうきんで住宅ローンを組んだ人の体験談をもとに、低い住宅ローン金利を引き出す方法を解説しています。

この方法をすることで、新しく住宅ローンを組む人も借り換えをする人も、どちらもお得な思いをすることができます。

それは、ずばり他行と比較するということですが、そこに一工夫加えることになります。その方法を詳しく説明するのでご参照ください。

>>先に住宅ローン一括審査をしてみる

ろうきんの住宅ローン金利(2020年9月時点)

まず、ろうきんの住宅ローン金利を確認しましょう。

ろうきんには変動金利型、固定金利型、2つの金利を組み合わせた金利ミックスもあります。

また、給与振り込みの指定などの条件を満たした場合、さらに金利が引き下げられます。

ろうきんは労働者の味方?他行との住宅ローン金利比較

ろうきんの住宅ローン金利を他行と比較してみましょう。

都銀大手・三菱東京UFJ銀行の住宅ローン金利は、変動金利が0.625~0.775%、10年固定金利が0.84%。ろうきんは、変動金利が0.625%、10年固定が0.8%ですから、条件にもよりますが、三菱東京UFJ銀行よりろうきんの方がやや低い金利設定といえます。

ただ、ネット銀行は、住信SBI銀行を例にとると、変動金利が0.41%ですから、やはり金利面は基本的にネット銀行はろうきんに比べ、かなり低いです。

金利の差は、当然、そのまま返済額の差につながります。例えば、2000万円借り入れをした場合、金利が0.1%違うと支払額が約25万円違うと言います。

では、住宅ローンを乗り換えたらいいのではということになりますが、そこに立ちふさがるのが、手数料です。

手数料の合計額はザックリ計算して50万円ですし、銀行によってはもっと高額な手数料を取られるケースもあります。

では、手数料を払ってもお得になる金利を引き出す方法はあるのでしょうか?

次により低い金利を引き出す交渉方法を紹介しましょう。

より低い住宅ローン金利を引き出す方法とは

より低い住宅ローン金利を引き出す方法とは、安いネット銀行と現在借りている銀行と競わせるということなります。

皆さんも、少し高額な買い物をするとき、いくつかのお店で価格を比較したり、何店かで見積もりをとって、価格交渉をした経験はありませんか?

それと同じことを住宅ローン金利でも行うのです。住宅ローン金利では、そんなことはできないと思っている方も多いかもしれませんが、交渉は可能です。

そして、交渉するのであれば、言うまでもなく色々な銀行の住宅ローン金利情報を持っている方が有利です。

また、仮でもいいので審査も通っていると相手に「他行への借り換え」に対する本気度も伝わります。

色々な銀行の住宅ローン金利を比較するなら、住宅ローン一括審査の特許を取得している「住宅本舗」が便利です。

住宅本舗を使えば、基本情報を入力するだけで最大6社の審査を並行して行い、それぞれの住宅ローン金利の見積りを得ることができます。

>>住宅ローン一括審査はこちら

安いネット系銀行の中でも一番安い銀行と比較することで、交渉先の銀行あ、金利を下げざるを得なくなります。

手数料も加味してもそちらの方が安いのであれば、乗り換えるのがお得です。

いずれにしても一括審査をしても損にはならないですし、交渉で0.2%下げることができれば50万円、0.4%なら100万円お得です。是非利用してみてください!

 

ろうきんで住宅ローンを組んだ人の体験談と悩み

次に、実際にろうきんで住宅ローンを組んだ人の体験談とその後の悩みを紹介しましょう。

住宅ローンの内容(ろうきん)

契約している住宅ローンの内容はつぎの通りです。

  • 契約先:労働金庫
  • 借入を始めた時期:2015年7月
  • 金利は?:1.2% 固定金利
  • 借入額は?:2500万円
  • 毎月の返済額について:8.4万円

住宅ローンを組んだ感想

最近のマイナス金利適用から、資金を増やしたい銀行は住宅ローン者の奪い合いがこれから過熱していくと言われています。(どこかの国では住宅ローンがマイナス金利になっているとか)

住宅ローンを組んでいる身としては、変動金利を適用し、その利益にあやかりたいものです。ただ、ここまで銀行都合で、金利を上げ下げ可能な点を考えると変動金利も怖いですが。。

この見通しのつかない経済状況で、家を建てると同時に、運試し?のようなローンを組むことに、投資の経験が少ない私からすると、家を建てることで頭が一杯だったところから、突然そのような話を考えなければならず、少々気おくれしてしまいます。

固定金利を選択したことを後悔

当時私は、とにかく安定したかったので、固定金利を選択しましたが、先に書いた通り、昨今の変動金利の低下と更にそれが加速する勢いがあり、変動金利にしておけばよかったと後悔しております。

住宅ローンの借り換えに関しての不満は、手数料が高いことです。約2%の手数料or10万円程度の手数料+利率+0.2%などなど、結構な出費を必要とします。

これらの費用を極力減らすことのできる制度、もしくは銀行による効率化によるコスト削減を実施してほしいです。

例えば抵当権の設定等の所謂ルーチン業務の内容を、一度行えばカードに登録され、そのカードさえあれば、どの銀行でも手数料100円で借り換え可能等の施策が実施されると大変うれしいです。

家を建築した際の登記申請等、自分で実施しましたが、あれが20万円相当の仕事とは到底思えないので、これら業務も非常に低コストで可能かと推測します。

将来このような低コスト施策が実施されることを期待します。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

住宅ローンでは、10年間、住宅ローン控除があります。

現在金利が安く、変動金利の良いソニー銀行等へ移行しようと思っていますが、どうも変動金利の良い銀行の多くは、元金均等ではなく金利均等限定になるようです。

可能であれば、早く自分のローンを返済したく元金均等で返済したいのですが、住宅ローン控除を考えると、10年までは住宅ローン控除を最大に活かすため元利均等にして、自分のローンを減らさないのも手かなと悩んでいます。

元利均等、元金均等の返済で、住宅ローン控除の額はどの程度差異がでるものなのでしょうか?

この方への住宅ローンアドバイス

諸費用が気になるのが住宅ローンの悪い点だと思います。低コスト化についてはなかなかならないと思います。

抵当権については、司法書士に依頼をしているので、司法書士が値段を下げない限りは
そこは変わりません。

また保証料などは、皆さんのリスクを考えての費用ですので、今後ますます安定しない社会に突入すると、保証料もあがるのではないかと思います。

ただ、それをしてでも住宅ローンの借り換えはメリットがでるのがポイントです。

借り換えの場合は、諸費用を含んだ金額で住宅ローンを組みなおすことが可能なので、ほとんど初期費用をかけずに借り換えをすることも可能です。

そして、借り換えで損をしないためにも、金利交渉を可能にする情報をしっかり集めましょう。

最安値の金利を比較できる一括審査サイトがオススメです!

さきほども紹介しましたが、新規でローンを組むにしてもローン借り換えるにしても、他行比較をしてみないと始まりません。そのために住宅ローン審査をしてみることをお勧めします。

ろうきんから別の銀行に乗り換えるにしても、今検討しているソニー銀行を選択するにしても、通常の方法よりも必ずお得になりますので、一括審査サイトを是非お試しください。

>>住宅ローン一括審査はこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。