1. ホーム
  2. みんなの借り換え体験談
  3. ≫住宅ローンの借り換えの相談をする窓口がなくて困る みずほ銀行 変動金利

住宅ローンの借り換えの相談をする窓口がなくて困る みずほ銀行 変動金利

12 12

住宅ローンを組んでいる銀行:みずほ銀行

借入を始めた時期:2011年4月

金利は?:1.25% 変動金利

借入額は?:5000万円

毎月の返済額について:14万円

住宅ローンを組んだ感想

住宅ローンを組む時にファイナンシャルプランナーの方に相談し、通常の三大疾病保険では、病気になるだけでは条件に合致せず、その後の仕事への影響があって初めて認定されるので、そうでない特別な三大疾病保険がつけられるものにした方が良いというアドバイスを受けました。その結果、当時は、みずほ銀行ともうひとつぐらいしかそのオプションを扱っていなかったので、みずほ銀行にしました。
金利については、固定金利も十分に安かったので、35年固定という選択肢も考えましたが、今後しばらく上がることはないだろう、上がったとしても上限は知れていると判断し、完全変動金利を選択しまいた。現在の金融状況の不安定さを考えれば、大きく上ブレしてしまうリスクは当然あるものの、低金利がしばらく続くと思われるので、その判断は間違っていないと思います。
一応、住宅ローンですが、物件としての価値が大きく低下しないという条件で物件を探し、いいところが見つかったと思っているので、値上がりなどで金利分以上のリターンが現状は取れていそうなので、特に問題はないですが、ひとつ不安なのは、借り換えの話をよく耳にするものの、借り換えた方がいいのかどうかを考えるきっかけがまるでない点です。自分の契約しているみずほ銀行でもかなり金利が安くなっているようですので、大きな損をしていないか不安です。
今年はファイナンシャルプランの点検、見直しをする予定があるので、1度見直しを含めて検討してみたいと考えています。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

借り換えにも費用がかかるという話を聞くので、どのタイミングでどう変更するのが得なのかということが分からないのが最大の悩みです。特に住宅ローンの場合、1度借りたらそれっきりということが多く、相談する機会も相談する人もいないのが悩みどころです。
疑問としては、変動金利で申し込んでいる場合は、5年後に金利の見直しがあるという説明が最初にあったので、それがあれば金融機関の見直し等は不要なのか、気になっています。

この方への住宅ローンのアドバイス

住宅ローンを借りた後の相談する窓口がなくて困る人は多いですね。
その相談窓口はぜひ当サイトに相談してもらえれば解決します。

気軽にどうぞ。

変動金利がいいのか、固定金利がいいのか
という悩みですが
基準金利を見てみる必要があります。

基準金利というのは、各金融機関が公に公開している住宅ローンの金利のことです。
(実際はさらに安くなっていますが、)

それを見てみると
10年固定金利
5年固定金利
3年固定金利
変動金利の
基準金利が一目でわかります。

変動金利がどの時期も安く、
高くなったとしても
10年固定金利を上回る場合は
あまりない

という場合が多いです。

12 12

と考えると

今後マイナス金利の影響も考えて

まだまだ変動金利でいいのかなという気がします。

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。