1. ホーム
  2. みんなの借り換え体験談
  3. ≫埼玉りそな銀行で住宅ローンの借り換えで金利を下げる裏ワザを使えた!

埼玉りそな銀行で住宅ローンの借り換えで金利を下げる裏ワザを使えた!

12 12

住宅ローンを組んでいる銀行:埼玉りそな銀行

借入を始めた時期:2010年9月

金利は?:3% 固定金利

借入額は?:1000万円

毎月の返済額について:5万円

住宅ローンを組んだ感想

今、マイナス金利ですごく住宅ローンの金利が下がっているので、そのあたりが固定金利にしてしまって残念に思っています。
今朝の新聞に、フラット35の金利が載っていましたが、私たちが最初にローンを組んだ時の半分近くの金利になっていました。
その差額を思うと、ちょっと悔しい思いがします。

この先の金利の動向は良く読めないし、まだまだローン期間は長いので、もしかするとこれから金利が急上昇していくかもしれませんが、いまのところしばらくの間は低金利が続きそうなので、借り換えを割と本気で考えてしまうところです。
今まで払った分と、これから払う分とでは、ローン残高も段々と減ってきているので、同じ期間で同じ分の金額にはならないですが、少しでもローンを支払う金額が減るのであれば、もともとが大きい金額の買い物なだけに、普通の節約とはケタの違う金額の節約になるのではないかと思います。
ただ、近くにある銀行が限られるうえに、手続きが煩雑そうなイメージがあるので、ついつい腰が引けてしまうこともあります。
なので、もう少しわかりやすい説明などをしてくれる窓口のようなものがオープンに設置されていたら、このご時世は借り換えたい人も沢山いると思うので、需要はそれなりにあると思います。
保険の窓口など、保険は結構たやすくファイナンシャルプランナーに相談できるのに、もっと金額の大きい住宅ローンにはそういう敷居のまたぎやすい窓口がないように感じました。

住宅ローンを借り換えする際の悩み疑問

どの住宅ローンを選べばいいのか、よく分からないです。最初に家を建てたときは、工務店の方で色々と探してくれた中で選んだので、楽でしたが、今度は自分で全部やらなければいけないあたりが少し面倒に感じます。
そして、手数料がどの程度かかるのかが全く分からないので、かえって借り換えする方が一見金利はさがっても、手数料などで支払金額があまり変わらなかったり、当初よりオーバーしてしまうのではないかという考えもあります。

この方への住宅ローンアドバイス

借り換えをするうえで、金額が今より増えてしまうのは、間違いないです。
諸費用がかかってくるので、50万円ほど今よりプラスになります。

しかし、それをしてでも総返済額が少なくなるのが「住宅ローンの借り換え」です。
短期的な目で見るのではなく、長期の目線でみることが重要になってきます。

住宅ローンの相談窓口がないということであれば、
是非当サイトで相談に載らせていただきます。
どこの銀行をひいきすることなく、
一番いい借り換えの方法を提案できるかと思います。
住宅ローンの相談窓口へ

固定金利を選択してしまって残念ということですが、
借り換えをすれば、固定金利の枠を取り去ることができます。

新たに契約をしなおすので、もう一度
固定金利か変動金利にするか選択することができます。

12 12

是非一度借り換えを検討してみるといいと思います。

住宅ローンの借り換えで一般には公開されていない非公開の金利を引き出すために
必要な書類を紹介しているのでコチラの記事を読んでください

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。