1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンの金融機関選びのポイントは?

住宅ローンの金融機関選びのポイントは?

35歳の男性です。
6年前に1800万円で中古マンションを購入時に住宅ローンを組みました。

■35年先というプレッシャー
金額はあまり大きなものではありませんでしたが、やはり35年ローンというのはとても重いですよね。
35年先まで元気に働いているのだろうか、途中で病気にならないだろうか、死んでしまったら、などです。
その時は団体信用生命保険のことを知らなかったので、そのような不安に悩みました。
ただ、銀行によっては団信だけではない様々なリスクに対応する手段があり、
一通り考えたところで不安はなくなっていきました。

■金融機関選び
元本があまり大きくなかったこともあって、金利よりもメガバンクであることを重視しました。
というのも、住宅ローンを組んだ銀行はATM手数料に優遇があったりするからです。
目先の小数点単位の金利よりも、目の前のATM手数料にメリットを感じました。
自宅の最寄り駅に支店があるメガバンクに直行し、それ以外は特に検討もしませんでした。

■契約書類が多い!
事前の審査も含めてとにかく書類が多くて大変だったという記憶があります。
何か所に実印を押したことでしょうか。
本当は精査して吟味して納得してから捺印するべきですが、あまりの多さに途中から流れ作業になりました。
このあたりも、メガバンクであることの安心感が生んだちょっとした隙なのかもしれません。

■気になる金利は2通り
色々なリスクに備え、1800万円を半分に割りました。
900万を変動金利:0.975%
900万を固定金利:2.7%
という具合です。
当時は私しか働いておらず、29歳で年収450万円。
少々不安定な会社にいたものですから、リスクを分散させたつもりでした。

■そして現状の返済状況は・・・?
それから6年、状況は大きく変わりました。
まず私が転職し、次の職場で大ブレイク(笑
32歳で管理職になり、年収は現在700万円です。
専業主婦だった妻も公務員になり、年収550万円。
そこで考えたのが繰り上げ返済ラッシュでした。
金利の高い固定金利のローンを一気に完済してしまい、今は変動のみを払っています。
残りも数年でいけるといえばいけるのですが、
すべて完済してしまうと控除などが受けられなくなる可能性があるため、
変動のほうは繰り上げずに返し続けるつもりです。
借り換えなどはコストを考えるとすでに割に合わないかな?

■これから住宅ローンを組む方に
それぞれの家計の状況は千差万別です。
万人に共通するこれがいい!というものはないと思います。
ただ一つだけ言えるのは、納得するまで情報は集めたほうがいいということ。
一生に一度になりかねない大きな買い物です。
一生に一度くらいものすごく手間な情報収集をしてもよいか、
そんな覚悟で臨めばきっと納得のいく取引ができるのではないでしょうか。

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。