1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫どういう風に住宅ローンの金融機関を選べばいいのか

どういう風に住宅ローンの金融機関を選べばいいのか

12 12

0.プロフィール
31歳会社員。2016年6月に2階建て木造住宅取得(土地は1月取得)。35年変動金利で借入3300円。頭金0。諸費用のみ200万円程度契約時に支払い。

1.住宅ローンを組むにあたって不安におもったこと
高額で長期の借金を抱えること自体に不安がありました。住宅ローンについて色々と調べる前は漠然とした不安でしたが、いざ予算を仮定して返済計画を試算すると利息の大きさに驚愕しました。
車の取得、出産や教育費など定年後までのライフプランを立てることで、およその自分たちの身の丈を知り、住宅取得にかける予算を確定したことで漠然とした不安は解消されました。
稼ぎ続けなければならないプレッシャーからは逃れられておりませんが。

2.どういう風に金融機関を選んだか
手続きなどを自分でやる覚悟はあったため金利の安いネット銀行が第一候補。
念のため、保険として不動産屋さんに紹介いただいたメガバンクも事前審査のみ行いましたが、ネット銀行で無事に借入できたため本契約には進めず。
ネット銀行の中では、給与口座にしなければならないなどのややこしい条件がなく、そこそこ金利の安い銀行を選択しました。

3.住宅ローンを契約していく際の不安・不満
メガバンクなら保証料、ネット銀行なら事務手数料として取られる額が高すぎる。借入額の2%程度であった。担保を取っているのに保証料が必要というのが納得できないし、メガバンクは数万円程度の手数料がネット銀行で70万円程度(3300万円借入)も必要なのはもっと納得できない。

4.住宅ローンの金利は現在いくらで組んでいるのか
0.568%

5.今後の住宅ローンの返済計画
上述の通り、35年変動金利。元利均等返済。
頭金として準備していた予算はあるが、住宅ローン控除で、10年間は借入残高の1%が控除されるため、金利が1%を超えるか、10年たってから繰上返済に回す予定。その際、ローン期間短縮か月々支払いを減らすかは、その時のキャッシュフローで検討する。
低金利で借りることができたので、おそらく借り換えする機会はないと思われる。

6.今後住宅ローンを組まれる方にアドバイス
利息だけでも非常に大きな金額になるため、金利は安いにこしたことはないです。仕組みを理解して、書類を揃えたりするのに丸一日くらいの時間はかかるので、ネット銀行はそれが苦でない人にはおすすめです。
あとは、初期の借入計画のままで放置せずに、自分の収入や、ライフプラン(いつ、どれだけの現金が必要かなど)と相談しながら、できるだけ短期で返済するなど、随時検討することが大切だと思います。

12 12

たった5分をサボるとあなたは50万円損することになります。

このサイトを見てくださる方は1日に200人はいます。
ですが、50万円得するためにこの一括審査をする方は1日に2~3人

そうです。面倒くさいと思ってしまうんですよね?
でも5分で50万円得することを考えると、【やってみて本当によかった!】
【このサイトに出逢っていなかったらこんな簡単なことで50万円損することだった!】
と毎日やった人からは感謝のメッセージが届きます。

ちょっと5分利用するだけでお得な人になることをオススメします。

金利を一括比較することで最安値の金利を比較できる!
住宅ローン金利一括比較
5
価格一括審査無料
メーカー株式会社イッカツ
特典一括比較で300万円もお得に!?
住宅ローン金利一括比較

住宅ローンの諸費用を50万円も抑えて、さらに
金利も一番安いのにしたいのであれば、
このサイトで金利を比較していくしかありません!

是非一番安くてお得な住宅ローン借り換えをしてください!

12 12

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。